ロレックス オイパペ(オイスターパーペチュアル) 116000 ピンク バーインデックスが、だんだんバムフォードのカスタムに思えてくる

BAMFORDはイギリスでレディの称号を持つキャロル・バンフォードが、 約30年前に豊かな自然が残るイギリスのコツウォルズの農園でオーガニック栽培に着手したことからスタートしました。 そこからラグジュアリーなライフスタイルのみに留まらず、ファッションブランドのBAMFORDが誕生し、 その後、2003年に時計分門のBAMFORD WATCH DEPARTMENTが誕生しました。 BAMFORD WATCH DEPARTMENTはその卓越した技術により、ケースやブレスレットのPVDコーティングはもちろん、 文字盤、長針、短針等あらゆるパーツをカスタマイズすることが可能です。 これらの技術に魅せられて、世界中で多くの著名人が愛用しています。 また、Dr. RomanelliやAsprey、日本では藤原ヒロシやmastermindとコレボレーションした作品を発表しています。バムフォードをご存知だろうか?所謂、PVD加工などによるカスタムロレックスのブランドで、
藤原ヒロシ氏のフラグメントともコラボレートしている。
詳しくは、上記リンクを参照頂きたい。

周知の事とは思うが、
カスタムロレックスはロレックスでメンテナンスを受ける事が出来ない。そして、価格に関してもオリジナルの数倍と云うお金持ちのいいオモチャだ。
現在ロレックスでメンテナンスを受けれないアンティークを買うのと
リスク的には、さほど変わらないと感じる。

逆にそう考えると、バムフォードの方が気兼ねなく使え
良いのではなかろうかと思う。
もちろん、畑違いだが威張り度と云う視点からの話しだ。最近、バムフォードはロレックス以外にもカスタムを施す。
パテックなんかにされていたら、度肝を抜かれる。
究極な大人の遊びで、羨ましい限りだ。

そして、上のpicの様にPVD加工だけでなく
ダイアルのカスタムもバリエーション幅広くお洒落に仕上げている。このピンクがアクセントになったノーチラスを見た時に
僕は、あるロレックスの事を思い出した。2008年にバーゼルで発表されたロレックス オイスターパーペチュアル 116000
このモデルに曰くがあるのはご存知の事だろう。

当初、発表された116000は王冠マーク以外はエクスプローラーⅠと同様の369アラビアで
スポーツモデル特有のベンツ針でなかったとは言え、
余りにエクスプローラーⅠと酷似していた為にホワイトインデックスは即販売中止となった。

その在庫、当時600本とも噂されていたが全て日本ロレックスが仕入れ
限定品として、販売したのだ(ダイアル交換が出来ない事を条件に…)

それ以外に116000は、ブルーにホワイトバーとシルバーにホワイトバーインデックス
そして、この画像のピンクインデックスがレギュラーラインとして用意され2014年頃まで製造された。