【感動】オメガ デ・ヴィル プレステージ オービスをご存知ですか?[OMEGAとテディベア♥]

皆様もご存じの通り、大まかにオメガのシリーズは下記の通りに分類されます
・コンステレーション
・シーマスター
・スピードマスター
・デ・ヴィル
・その他 オリンピックコレクションやミュージアムコレクションなど
に分けられますその中でデ・ヴィルシリーズは
もともと「シーマスター デ・ヴィル」というタウンユースモデルから派生して1967年に発売されました。エレガントなシリーズではありますが、話題になった自社製コーアクシャルムーブメントもいち早くデ・ヴィルに搭載し、先進性も追求。トゥールビヨンなどケースサイドがスケルトンになっているものもあり、レディマティック、アワービジョン、トレゾア、プレステージなど、メンズとレディース両方の展開があり、さまざまな種類のモデルがあります。デ・ヴィルシリーズのプレステージにも下記の種類があります
・メンズコレクション
・レディスコレクション
・オービスコレクション
・プレステージ デュードロップ
・プレステージ バタフライ

今回はオービスシリーズのご紹介です。オメガ デ・ヴィル プレステージ オービスは、オービス・インターナショナルの「空飛ぶ眼科病院」が行っている活動からできたシリーズです。
2011年以降、オメガとオービス・インターナショナルは発展途上国における高度な眼科医療の提供を共同で推進しています。
売上げの一部は同組織の事業に寄付され、治療可能な失明の撲滅活動の支援に充てられます。オービス・インターナショナル(英: ORBIS International)は失明の防止を目的とする国際的な非政府の非営利団体である。オービスの活動は、発展途上国における失明の予防および失明をもたらす眼科疾患の治療に重点を置いている。1982年以来、オービスは研修プログラムにより19万5千人を超える眼科医療従事者の能力を向上させるとともに、86か国において680万人を超える患者に治療を施した。

オービスの活動の中で最も有名なのは「空飛ぶ眼科病院」であるが、これはDC-10ジェット機内に眼科病院および研修のための設備を取り付けたもので、医療チームが乗り組んでおり、ボランティアパイロットが飛行機を操縦し、失明を防止するために必要な技術を教えるため世界中の発展途上国に赴く。現地の患者は研修期間中、無料の診療を受けることができる。オメガはサポートの一環として治療を受けるすべての小児患者にテディベアをプレゼントしています。小児患者が抱きしめるテディベアからインスピレーションがわきテディベアの時計ができたようです。
テディベアは、医師が手術の説明をする際に使用されたり、治療を前に緊張した子供たちをリラックスさせたりして役立てられています。
日本では医療が充実していますが、発展途上国では医療は充実しているとは言えない地域もあるようです。オメガとオービス・インターナショナルは「空飛ぶ眼科病院」として、飛行機の中で治療ができるジェット機で世界中を飛んでいるようです。