人が着けてないイケてるクロノグラフを探す!Part ❹ ブライトリング ナビタイマー プレミエ

ブライトリングと言えば、皆さんはまず何を思い浮かべるだろう。
ナビタイマー、クロノマット?エボリューション?
最近で言えば、ベントレー?

僕は、コルト(笑)僕の好みはさて置き、クロノグラフの代名詞とも言うべきブライトリング。
カウントした事無いけど、クロノグラフと他のモデルの比率はどうなんだろう
もし、興味がある人は調べてみて…と、放り投げるwwそのブライトリングのクロノグラフの中でも、ほとんど存在が知られていないモデルがある
決してヴィンテージの域までにはいっていないのに、
ネットで取り上げられる事もほぼ無く詳細を調べるに当たっても非常に困難であるナビタイマーのラインから、プレミエが発売されたの1997年
1940年代の復刻モがデルとして発売された。

当時の人気がどうだったのか、今となっては窺い知れないが
発売当時、僕も存在を知らなかったので
さほど話題に上がらなかったのでは無いかと思われるヴィンテージのプレミエは、2カウンターと3カウンターあったが復刻は3カウンターのみとなり
現代的な意匠に変更されたが、ダイアルのデザインはクラシカルなまま表現された。スタンダードなケースに、シリンダー型のプッシュピース
オーセンティックな刻みのリューズにスクリューバック
古き良きディテールを残しつつ、現代的時計作りを踏襲している僕個人的に、あまりアンティークを好まないのは
やはりメンテナンスにおいて悩まなければいけない点だ。
それと、過去に時計の販売をしていた頃のアンティークウォッチのクレームで
ちょっとトラウマになっているのも否めない。
しかも、時計は機械物なので壊れた箇所が癖が付く
何度も何度も、同じ症状で壊れる
恐ろしいかな、これは新品で時計を買っても起こり得る事例である。
もちろん、新品の場合極めて可能性は低いがゼロではない。
こういった個体に当たる人は、よっぽど運が悪いか日頃の行いが悪い。

いつも、同じ箇所が壊れる時計をお持ちの方は修理店や時計を責めず
自身を見つめ直して頂きたい。話しがズレてしまったが、本題に戻そう