ゴンゾージャーナリスト ハンター・S・トンプソンとタグホイヤー スーパープロフェッショナル

ケンタッキー州、ルイビルに生まれ、高校中退後、空軍に入隊。除隊後いくつかの職業に就き、ヘルズ・エンジェルスを取材。ジョージ・マクガヴァン大統領候補やジミー・カーターを支持する。主に『ローリング・ストーン』、『ネーション』、『タイム』、『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』などを活躍の場とした。2005年に拳銃自殺[1]。 『虚栄のかがり火』のトム・ウルフと並んで、アメリカのニュー・ジャーナリズムの旗手と呼ばれた。彼のスタイルはゴンゾー・ジャーナリズムと呼ばれた。あのヘルズ・エンジェルズを取材、著書でアメリカで人気を誇るジャーナリストで作家
映画「ラスベガスをやっつけろ」の著者のハンター・S・トンプソン彼の既存のジャーナリズムを覆す取材は、ならず者(ゴンゾー)と称されジャーナリストの常識を逸脱したものであった。
ゴンゾージャーナリズムは、表面だけの取材ではなく
その本質に迫る「剛に入らずんば虎児を得ず」と言った取材スタンスで一般には受け入れ難いものであった。
それでも、アンダーグランドの核心に迫った記事に人々は魅了され狂喜する「ラスベガスをやっつけろ」は彼の自称的小説で、ジョニーデップ主演のもと映画化された。個人的に1番好きな俳優のジョニーデップ
中でも「ラスベガスをやっつけろ」の時のトンプソン役が1番好きだ。
ジョニーは、この映画の主演を自らかって出て映画の役作りの為に頭をハゲに剃っている。ジョニーデップは、本当に七変化の俳優で様々な役をこなす
いや、完全にキャラクターに成りきる。
ジョニーが演ずるトンプソンも、まるで生き写しの様だ。映画の内容としては、完全にドラッグムービーだが
アメリカの中でラスベガスが1番好きな僕としては、かなり好きな映画のうちの一本だまた、この映画の中でジョニー着用しているアーバークロンビーのヴィンテージのパッチワークカバーオールは
ヴィンテージマニアの中では涎物の一品だ