はじめてのオメガ – OMEGAのラインナップを楽しもう【シーマスター編】

最初のご紹介はコレ!
2014年に復刻された「初代 シーマスター300」。

今1番売れているシーマスターと言っても過言ではありません。
デイト表示こそないモノの、オメガの誇る最新技術を詰め込んだモダン・アンティーク。
ビジュアル面も素晴らしく、価格帯もボーナスで手の届くナイスなプライス。
一生物として使える良いモデルだと思います。

オススメです・・・と言うよりコレ本当に欲しいです。
※ココ東京は何度も試着していますが資金調達に失敗しています。

1957年に誕生したシーマスター300mをベースに復刻したこのRef.233.30.41.21.01.001。
ライバル・ダイバーズウォッチ ロレックス サブマリーナー ノンデイトに引けを取りません。

クリスタル風防
内側に無反射処理を施した、ドーム型強化サファイアガラス
ケース:ステンレススティール
ダイヤル:ブラック
防水:30気圧(300メートル/ 1000フィート)
サイズ:ケース直径:41 mm
キャリバー:オメガ 8400
自動巻きムーブメント、コーアクシャル エスケープメント、15,000ガウス以上の磁気への超耐磁性能。シリコン製ゼンマイを取り付けたフリースプラングテンプ、並列に配された2つの香箱、両方向回転による自動巻き。コート・ド・ジュネーブ装飾による独特なアラベスク模様を施した、ブリッジとローター。
パワーリザーブ:60時間
タイプ: 自動巻きチタン製、ステンレス/ゴールドのコンビネーション、金無垢、プラチナ製と多くのバリエーションがありますが、何といってもプラチナ無垢がスゴいですね!
700万円かぁ・・・ヒャー。ダニエル・クレイグ最後のジャームズ・ボンド「007 スペクター」仕様の限定品。
7000本もあるのにプレミアム価格になっています。

オメガからの引用
「ジェームズ・ボンドが20年にわたって愛用するオメガのシーマスター。 進化するストーリーともにウォッチもまた進化し続けています。ボンドとともに、「シーマスター 300 "スペクター" 限定モデル」に搭載されたウォッチメイキングの技術が究極のクライマックスを迎えます。」

まさかとは・・・思いますがオメガ/007のコラボもクレイグと共に終わってしまうのか?現在103種類(バリエーション)もあるシーマスター プラネットオーシャン。

初代シーマスター600 プラネットオーシャンが誕生したのは2005年。
1993年に誕生↓シーマスタープロダイバー300を超えるスペックで、オメガのダイバーウォッチ最上位機種として作られました。

また、発売当時の説明には「深海で最後に認識できる色がオレンジである」とのことで、
衝撃的なカラーリングのベゼルも話題になりましたね。
明らかに、比較対象はロレックスのサブマリーナーで、防水性を倍にしシーマスタープロダイバー300より高級感を出していました。

10年以上続くシリーズですが、2011年ムーブメントを一新します。
またそのムーブメントを見せつけるかのようにシーホースのレリーフが特徴的だった裏蓋はシースルーバックに変わります。クリスタル風防
両面に無反射加工を施したドーム型強化無反射サファイアガラス
ケース:ステンレススティール
ダイヤル:ブラック
防水:60気圧(600メートル/ 2000フィート)
サイズ:ケース直径:42 mm
キャリバー:オメガ 8500
自動巻きムーブメント、コーアクシャル エスケープメント。フリースプラングテンプ、並列に配された2つの香箱、両方向回転による自動巻き。 コート・ド・ジュネーブ装飾による独特なアラベスク模様を施した、ブリッジとローター。
パワーリザーブ:60 時間
タイプ: 自動巻きこちらは1番新しいプラネットオーシャン「ディープブラック」です。

2016年の新作でまだこの記事の時点では販売開始されていません(2016年10月発売予定)。

漆黒のセラミックケースに包まれたムーブメントはオメガ マスター クロノメーター キャリバー8906。
GMT機能も搭載され、ダイヤル縁に24時間表示が記載されています。

格好良いなぁ!
でもちょっと大きいなぁ・・・。

他にもラインナップには、クロノグラフ、GMTモデル、レディースモデルなどがあります。
素材もステンレススティール、チタン、ゴールド、セラミックなど様々ですね。