鬼レア!? ウルトラレア!90's ジラール・ペルゴ シーホーク GP7000ライン

ジラール・ペルゴのシーホークネームとしては、歴史が長く
1940年代ぐらいの物から、その存在が確認されている。

最も、スポーツウォッチのラインであったがダイバーウォッチではなかった
当時のスポーツウォッチと言っても、現代の様なタフなモデルでは無く
現代ではドレスモデルに近いケースにインデックスの視認性を強化しているレベルである

その後、シーホークは1960年代ぐらいまで製造され
その存在はフェードアウトしていく

1960年代になると、ジラール・ペルゴからも本格的ダイバーウォッチが発表される
DeepDiverと云うモデルである
イメージ的には、オリスの復刻ダイバーズ65と似たデザインである

この頃のシーホークは、やはり薄型のデザインで
スポーツモデルと云うよりはドレスモデルである

それから時を経る事20年強の1989年に
シーホークの名を冠したスポーツモデルが発売となった。

このシーホークは、当時ジラール・ペルゴの主力であった7000シリーズに属し
直接のラインを多用されたシリンダー型のケースに収められた

ダイバーズウォッチとしての機能を司るべき回転ベゼルを備え
当時としては、かなりの防水性の500m防水
ベンツ針と視認性の高いインデックスで、
凡そのダイバーズウォッチとしてのルックスを兼ね備えているが
何処となくエレガントな印象もある恐らく、最も目にする事があるのがコンビモデルのペプシベゼルであろう。

基本的に、ゴールドベゼルとSSベゼル
ブレスモデルとレザーストラップ仕様が存在する

ジラール・ペルゴの中古の出回り自体が、かなり少ない上に
90年代のシーホークに出逢える可能性はかなり低いSSモデルになると、尚更入手は困難になる
価格は、恐らく10万円代で入手可能であるが
それ以前に、物が出ない

しかし、ビス留めの裏蓋で果たして本当に
500m防水をキープ出来るのか疑問である。
もう、ヴィンテージの域に近いモデルなので
ダイバーズウォッチとしての使用は、当然危険だ