はじめてのロレックス 正規品と並行品で販売価格が違うのは何故なんだろうか

正規品・並行品ともに、スイスで製造された全く同じモノであり品質の差はない。
同品質の品物で呼び方が変わる理由は両者の流通経路の違いの為だ。
下の図を見て欲しい。Aが正規品と呼ばれるルートであり
スイスロレックス→日本ロレックス→正規販売代理店といった流れで小売されている。

Bが並行品と呼ばれるルートとなり
スイスロレックス→海外の正規販売代理店→並行店での販売といった流れになっている。
※海外の正規販売店で仕入れ(購入)したものを並行店が輸入して販売している正規品とは、日本ロレックスを通してスイスのロレックスより輸入された時計を指す。
販売は正規販売店が行い。原則『定価販売』となる。
※正規販売店が百貨店の場合は、商品券や優待券を使用する事が可能で定価より安く入手出来る場合もある。

正規品の場合は、保証書に自分の名前が入るのが特徴となり、購入の満足感が得られる。
人気モデルは店頭に並ぶことが稀で、入手までに数年単位で掛かる事がある。並行輸入品とは、海外の正規販売店から輸入された時計を指す。
正規品と違い、定価販売の義務がない為、並行店が自由に価格を設定することが出来る。
※人気のスポーツモデルなどは、需要と供給のバランスから、定価以上のプレミア価格で販売される場合もある。(デイトナなど)

保証書に関しては、海外の正規販売店より仕入れている為、海外で仕入れ(購入)をした日付が入る。
結果として、仕入れの行われた日からメーカー保証が始まることとなり、並行店で購入する日から保証が始まるわけではない。正規品・並行品どちらを購入しても、日本ロレックスでメンテナンスを受けてもらう事が可能なのでその点は安心して欲しい。

保証についても、保証期間内であれば並行品も日本ロレックスで対応してもらえる。