"Bond" OMEGA Seamaster 300 Proffesional を再考する

すっかり、ダニエル・クレイグのボンドが定着した007シリーズ
僕個人としても、ダニエル・クレイグのボンドは非常に魅力的で色気を感じます。
やはり、あの影がある感じ 無口で暗い過去を背負っている様な雰囲気に吸い込まれます

対照的に歴代ボンドの中ではどうも健康的過ぎる印象のブロスナン
おまけに、絶対エロい事を考えていそうな気がします(笑)
(ブロスナンファンの方、ごめんなさい>_< )

そのブロスナンのボンド作品は4作で、
初めてボンドがオメガの時計を着用したのもブロスナンのボンドになってからである。実は、この4作品
劇中での着用モデルが全て同じではないのです。

それは、後述するとして
何故、今初期"Bond"モデルにクローズアップするのかと言うと
先日の"Pre-Bond"について触れた記事を書いておいて
"Bond"に触れないのもどうだろうと思ったのです最近、僕の時計のコレクションがちょっと過去の傾向と変わってきています。
ちょっと、ミーハーと言うか完全に女子受け狙いなのです。

まぁ、ジュエラー系を買ってみて意外にダイアルなどの質感が良く
コストパフォーマンス考えても、かなり納得がいく…と言うのも正直な所なのでありますそれで、次はカルティエかなぁ〜とか考えていたのですが
ちょっと面白くなくなってきました

そこで、いつもボンドガールをはべらかしている印象のブロスナンから
エロさを学ぶと言う視点に基づき、作品とモデルを再考していくこと事にしたのです実、ゴールデンアイで着用されてモデルはクォーツの2541.80です

画像でも、確認出来る様にダイアルの6時位置に鎮座するフォントは
3列であってクロノメーター表記は見られません

奥に映るのは、エージェント006のシーマスターであり
レザーストラップが装着されています

この画像からも分かる様に、純粋なファースト ボンドオメガは
シーマスター300 クォーツ 2541.80のレザーストラップと言う事になります

ゴールデンアイに登場したボンドオメガは、
ルミナスポイントからレーザートーチを発光し現代となっては稚拙に感じるギミックを持ち合わせていました合わせて、爆弾を遠隔で爆破する機構も持ち合わせていましたトゥモローネバーダイになり、プロフェッショナル クロノメーター 2531.80が着用されています

これ以降は、ブロスナンのオメガは3作品に渡って2531.80となります

劇中では、前作同様に遠隔起爆スイッチとして使用されています

因みにこの時のボンドカーはBMW750ilで、やたらギミックが多い。
携帯電話でコントロール出来て、盗難防止や煙幕に撒菱、ルーフミサイルにエンブレムカッター
忍者要素満載でした(笑)