2016年 アジムートの新作が、ますますエスカレート クレイジーライダー

ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによるアメリカン・ニューシネマの代表作。その衝撃的な結末で知られる。1969年(第42回)アカデミー賞で助演男優賞と脚本賞にノミネートされた。1998年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

劇中に登場するバイクは、1965年型ハーレー・ダビッドソンでエンジンはパンヘッドと呼ばれるタイプ、排気量は1200ccである。フレームは当時としては斬新なフルメッキを施しており、リジッドでサスペンションが無い。ワイアットが乗っているチョッパーは、前輪ブレーキが装備されていない。劇中で登場していたマリファナは本物を使用していた。

オリジナルマスターが暫く行方不明となり存続が危ぶまれたが、その後発見され、DVD化された。音楽は全米2位となったステッペンウルフの「Born To Be Wild(ワイルドで行こう)」、バーズやジミ・ヘンドリックスの楽曲などを用いる。当初エンディングにはボブ・ディランの「イッツ・オールライト・マ」がそのまま使われていたが、公開前の試写を見たディランから曲使用の許諾が得られなかったことと、ディランからの“(「イッツ・オールライト・マ」で終われば)映画の持つメッセージが陰惨で否定的なものになる”というアドバイスを受け、エンディングはロジャー・マッギン演奏による「イッツ・オールライト・マ」及びマッギン書き下ろしの新曲である「イージー・ライダーのバラード」に差し替えられた。マッギン作ではあるが、歌詞の原案はディランのものだという。(en:Ballad of Easy Rider) 後「イージー・ライダーのバラード」はザ・バーズのバンド・ヴァージョンが再レコーディングされアルバム・タイトルにもなる古着好き、アメリカ好き、バイク好きな方ならもちろんの事
それ以外の方でもこの風貌のキャプテン アメリカは目にした事あるのではないでしょうか?

最近人気のバイカーファッションには、バイブル的映画です
ファッションやバイクに関しては、勉強させられる部分が多いのですが
内容としては、70年代のドラッグムービーの内容で
ドロドロとして、スカッとしたものでありません。

当時のカルチャーと、自由なアメリカを求める姿
人種差別や、理不尽な社会を映し出し静かに訴える内容です。

映画の内容よりは、キャプテン アメリカのファッションや
演じたピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソンの存在感が
独り立ちしてしまった映画にも感じます

ステッピングウルフのBORN TO BE WILDが楽曲として使われた事も
広く知れ渡っていますね

見られた事ない方は、一度機会があればご覧になられて下さい
名作ですので、知らないとちょっと恥ずかしいです。

さて、何故イージー・ライダーなのかと言うと
アジムートと云うアヴァンギャルドな時計作りを得意とするブランドの
クリエイターが、かなりのイージー・ライダー好きらしいのです

好きなのは多いに構いませんが、なんとそのイージー・ライダーのスピリットを
フューチャーした腕時計をクリエイトしてしまったのです

バイカー映画を、時計に??

腕時計が完全にバイクになってしまいました。

ちょっと、バイクメ〜ンっぽいな。。独特のケース形状と革新的な針の動きで、24時間表示の構造を持ったスイス製AZIMUTH【アジムート】のクレイジーライダー自動巻きです。
アジムートのクリエイターは、1960年代の ジャック ニコルソンとピーターフォンダ主演の映画「Easy Rider」(イージーライダー)のファンで、その映画に流れるスピリッツや自由さ、大胆さを、このクレイジーライダーで表現しました。
他の時計メーカーにはない、独特で奇抜なケースフォルム。
これは自動車のエンジンを模しています。
左右非対称なケースは無限を表す形であり、究極のタイムピースの風格を漂わせています。 ミニチュアチェーンがダイアルの真ん中を囲み、透かし車輪が両側についてそれを補助しています。この形は自動車のスプロケットブレーキ機動システムを連想させます。
この独創的なチェーン伝達デザインが、時間と分を表すディスプレイを駆動させています。時針はダイアル全体を通り、24時間表示で時間を示し、分針は右側 車輪の固定された位置で回転します。完成したモデルは、イージー・ライダーからのインスピレーションそのまま
「クレイジー・ライダー」と名付けられたのでした。

エンジンをモチーフにしたケースはシリンダー状で、
楕円と円形が組み合わさった非常に珍しいデザイン。
デザインを起こすのはともかくとしても、
このケースを実用性を持って作り込むのは、かなり大変だったと伺えます。

ケースを支えるのは、表面は6角のレンチのビスで
裏側は、星型のホールのビスである
かなり分解するのにも労力がいる筈であります特記すべきは、チェーン状のパーツで
これがチェーン同様の動きをし、チェーンに配されたハンズが24時間で一周する様になっており
長針はスプロケットモチーフのパーツのセンターに鎮座して
その位置で時間を司どるのです

バックスケルトンで覗けるムーブメントを確認すると
丸型のケースの部分に汎用ムーブメントがリファインされたものが収められ
楕円形の方側に、その複雑なダイアルをコントロールするパーツを
ラジエーターにも似たデザインのパーツがカバーしているのですバイクやモータースポーツのエンジンをモチーフ!。AZIMUTH【アジムート】SP-1 Crazy Rider【クレジーライダー】24時間表示自動巻き腕時計/正規代理店商品