【スーパーコピー対策】ニセモノ・ロレックス撲滅企画 Ref.116400GV ミルガウス どっちが本物だ?③

第3回目の本物はどっちだ?はロレックスの特殊ウォッチ・ミルガウス Ref.116400GVをピックアップします。

2007年に登場し瞬く間にスーパープレミアムウォッチになったグリーンガラスのミルガウス。
当時はリーマンショック前のピーク時期だと言うこともあり時計の値段はうなぎ登り。
現代環境にフィットした耐磁性をもち、何と言っても「緑色のガラスは限定品なんじゃないか?」
と言う噂が伝染し手に入らない人気時計になってしまいました。

一時期は200万円に届きそうなプライスが付いていましたね。
そうなれば悪質な業者は「ニセモノ・コピー品」を作ることになります。
サイアクです。しかし今回のミルガウスは「GV」がキモになります。
ガラスをグリーンカラーにすることは、できるのだろうか?という事です。

さて、画像を見てください。
最初の画像は「意外に同じに見える」かと思ったかもしれません。

しかし、横から見たら「一目瞭然」。

おわかりですね。

ニセモノ・コピー品はガラスをグリーンにはできず、内側からフチをミドリに塗っているだけです。中空コマではない、ステンレス無垢ブレスの感じはよく似せています。

振ってもブレスレットはカシャカシャ・グラグラせず、重さもしっかりあります。今回もブラックライトにしっかり当て、夜光を見てみます。

GVの特徴の1つでもある色違いのインデックス。

これも一目瞭然。バックル部分を見てみましょう。

バックルの形状は非常に似ております。
この辺りの作りはだいぶ力が入っています。

半コマの微調整が可能なアジャスター部分も同様の仕様になっていました。