そもそも腕時計の始まり!の一説。原点をもう一度見つめ直そう!

腕時計が誕生したのは,19世紀後半のことであった。当初は女性用の装身具であり,ブレスレットの一種のような物で,実用上も精度は低かった。主流は懐中時計で, ポケットからいちいち取り出して確認する必要があり,機敏性・迅速性を要求される軍隊での需要が,腕時計発展の契機となる。1879年にはドイツ皇帝ヴィルヘルム1世がドイツ海軍用に腕時計を2,000個製作させたという記録がある。

1899年のボーア戦争で,イギリス軍将兵が懐中時計を手首に装着したのが腕時計の最初という説があるが,おそらく誤りである。ドイツの先例もあり,また1895年の日清戦争に従軍した日本兵の写真に腕時計が写っていた例がある。

当時の男性用腕時計は,小型懐中時計の竜頭位置を横に変えて革ベルトに固定したものであった。その後,ムーブメント(時計内部の機械)のみの共用を経て,腕時計専用のケースとムーブメント開発が行われるようになった。20世紀初頭,一部のメーカーが腕時計の生産を開始したものの,男性が携帯する時計の主流は懐中時計であった。紳士用腕時計として,最初に大きな成功を収めたのは,フランスの宝飾品店カルティエ社が開発した角形ケースの「サントス」で,1911年のことであった。この時計は,ブラジルの大富豪で航空界の先駆者であったアルベルト・サントス・デュモンのために作られた物であった。彼は,飛行船の操縦中,大きな動作をとらずに時間を確認できるように,ルイ・カルティエに依頼して腕時計を製作させた。

その洗練された形はパリの社交界で話題となり,市販されるようになった。「サントス」は,現在でもカルティエの代表的な製品として市販されている。

第一次世界大戦は腕時計の普及を促す契機となり,多くの懐中時計メーカーが腕時計の分野へ転身。こうして,男性の携帯する時計は懐中時計から腕時計へと完全に移行した。1913年,服部時計店(現:セイコー株式会社)が国産初の腕時計「ローレル」を発売。1955年には,国産初の自動巻き腕時計「セイコーオートマチック」が発売された。1964年の東京オリンピックの公式計時機器として,海外メーカーを抑え,セイコーの機械式ストップウォッチが採用。これを契機に日本製時計が世界的に認められるようになった。

日本の主要な腕時計メーカーは全て,懐中時計や柱時計の分野から参入した企業である。セイコー,シチズン時計のほかには,1897年の創業のオリエント(旧・吉田時計店:1951年に改称),1899年創業のタカノがある。オリエントは,セイコー傘下で存続,タカノは,1962年にリコーに買収された。1969年12月25日、セイコーは世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」を発売し、世界を驚かせました。クオーツ時計は、1927年、アメリカのA.W.マリソンによって発明されましたが、当時は極めて大きなものでした。その後、1948年のトランジスタの発明が小型化の可能性を開き、セイコーは、1963年に卓上に置けるクオーツ式時計を完成しました。一方、1950年代以降、欧米の複数のメーカーが、腕時計の高精度を追求した結果、機械式時計に電子技術を応用した「てんぷ式」電子腕時計、「音叉式」電子腕時計などを発表していました。セイコーは、それらよりも数倍も高精度な「クオーツ式」電子腕時計の開発を選択しましたが、クオーツ式の心臓部である水晶振動子の小型化と、他の方式よりも要求される省電力化が難題でした。最終的には、水晶振動子を自社開発することによって小型化に成功し、間欠運針のステップモータを採用することによって省電力化を実現して、セイコーはクオーツ式腕時計の完成に至ったのでした。この「クオーツ アストロン」は金無垢製で、45万円という中型車並みの価格で販売されました。なお、この開発のために特許権利化した技術をセイコーが公開したことによって、各社がセイコーの方式にならい、クオーツ式腕時計は世界中に普及していきました。その後というと1980年代以降、スイスなどの高級時計ブランドメーカーの巻き返しにより、精度もさることながら、美しさや機械の複雑なムーヴなどが問われる高度な技術などが発展し、現在は,手軽で高機能なクォーツ時計と,高級感のある工芸品・嗜好品の機械式時計という位置づけで棲み分けがなされるようになっているようです。