ROLEX ロレックス エクスプローラーⅠの魅力と4つの強み

こちらのラインは1950年代に登場し、時代の変化と時計技術の進歩に応じて進化をし続けています。

その進化の中で、サファイアガラスを風防に採用した1990年以降のモデルは現在のエクスプローラーのモデルとして一括りで考えることが出来ます。

つまり、「現代のエクスプローラー」とは、1990年代の「14270」、2000年代の「114270」、2010年より現在まで続く「214270」までを表します。今回はエクスプローラー(214270)の強みを紹介します。アワーマーカーや針と同様、特徴的な3、6、9 の数字にも青い光を放つ長時間発光のルミネッセンスが採用されています。

この独自のクロマライトディスプレイは、様々な状況下での見やすさを実現させています。

針にも工夫がされていて、幅が広く長くなり、時刻がさらに読み取りやすくなりました。それは防水性の象徴、オイスターケースです。

クリスタルは、傷が付きにくいサファイアから製造されています。

水深100mまでの防水性能が保障されているこのオイスターケースがエクスプローラーの高精度な動きを最大限に保護してくれます。それはパーペチュアル キャリバー3132です。

パラクロム・ヘアスプリングは耐候性に優れ、気温の変化の中でも非常に高い安定性を保ち、標準の10倍の耐衝撃性を実現しました。

ヘアスプリングはあらゆる向きにおいて等時 性を保ちます。ワーリザーブは約48時間です。そして最後4つ目はオイスターロッククラスプ付ブレスレットです。

クラスプが間違って開くことを防止するオイスターロッククラスプを装備しています。

さらに、ロレックスが特許を取得しているイージーリンクシステムが搭載され、このシステムによりブレスレットの長さを簡単に調節でき、あらゆる場面でより快適な装着感を提供します。