ロレックス グリーン サブマリーナ 16610LV a.k.a 'Kermit' マークシリーズ【徹底分析】

2003年~2010年迄の僅か7年生産の旧型グリーンサブ。『黒文字盤×グリーンベゼル』『5桁ケースにマキシダイアル+太針』『ライムベゼル』『フラット4』『ビッグスイス』等々、様々な魅力を兼ね備えたモデルとなっております。

そしてこのモデル、マニアの方々によりマーク0からマーク8まで分類されているんです。それがまた、本当細かな違いですが、、(笑)。今回は海外サイトをもとにそんなマニア心を燻るモデル16610LVのマークシリーズを徹底分析してみました。2003年、サブマリーナー生誕50周年を記念して発表されたRef.16610LV、通称「グリーンサブ」。
ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンをベゼルに採用し、同社の記念モデルにグリーンを採用する先駆けとなった。また、同時期に生産されていたサブマリーナー/Ref.16610と基本スペックは同じであるが、時分針とインデックスが大型化され、視認性の向上が図られている。因みに、リファレンスの「LV」とは、フランス語のグリーンベゼル(Lunette Vert)を意味している。発売当初は限定生産と推測されていたが、その後、定番モデルとして定着した。

初期生産分には、通称「ライムベゼル」と呼ばれる淡いグリーン色のベゼルやダイヤルの6時位置の「SWISS MADE」表記が大きい「ビッグスイス」と呼ばれる個体も存在し、コレクターを中心に注目を集めている。

2010年に後継機種Ref.116610LVが発表され、わずか7年で生産を終了したが、後継機種はダイヤルにもグリーンが採用されたため、「黒文字盤×グリーンベゼル」という初代だけのカラーリングを好むファンも多い。ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル: 逆回転防止ベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 13mm
重量: 約135g
防水: 300m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 2003年~2010年グリーンサブのベゼルには同じ緑でも、薄い緑、濃い緑等、年代によって違いがあります。
中でもグリーンサブを語る上で外せないポイントの一つに、
‘黄色がかった緑’
通称『ライムグリーン』ベゼルがあります。

ライムグリーンベゼルはY番・F番・D番・Z番・M番など様々なシリアルで確認した事があります。Y番・F番の個体はライムベゼルが多い印象です。そして色味には、個体差があります。

『ライムベゼル』は通常の緑とは明らかに色味が変わります。好みは別れるでしょうが、ライムグリーンは爽やかでキレイな良い色味に感じられます。

個人的には思いっきり使用したガチガチのケースに、色味の抜けた枯れたライムベゼルが付いた個体も独特の雰囲気が出ており大好きです。ロレスポといえば分類マークシリーズ。
グリーンサブ16610LVはマニアの方々によると、
マーク0~マーク8まで分類されるそうです。
よくぞここまで調べて下さいました<m(__)m>

ここからはマークシリーズ特集です。
初めに言っておきますが、もの凄く細かな違いです。(特にマーク4~がやばい)
私は嫌いではないですが、、(苦笑)
分からなければ、目薬さしてよ~く見て下さい!
では行きましょう!!