ビジネスの場で好印象を与える高級腕時計4選

その作業の精密さで群を抜いているセイコー。

逆輸入モデルであるクロノグラフは、国産パーツを数多く使用し、海外工場で組み上げられています。時間のずれが少なく、信頼感のあるセイコーの腕時計は、身に着けている人の印象も信頼感あるものにしてくれます。

また、時計部分を支えるバンドには皮ベルトとメタルバンドの両方が用意されているため、会社の規律や相手に与えたい印象によってマイナーチェンジをすることもできます。

一見すると、メタルバンドの方がよりオフィシャルな印象を受けるように感じますが、皮ベルトの方がよりフォーマルな場にはふさわしいとされています。迷ったら、黒の皮ベルトのものにしましょう。その知名度の高さから、安定感は抜群です。
高級腕時計でありながら、数百万円もする高価格帯のみならず、10万円台の価格帯も設けられています。

そのため、就職したての新人社員の人から、重役の人まで、幅広い層の人々からの指示を集めています。

その上品で、繊細、かつ情実なデザインは、相手の目を引き付けてやまず、メンテナンス次第で長い間使える道具としての素晴らしさも兼ね備えています。線の細いデザインながら、しっかりとその知性的な雰囲気を主張するその姿は、他の時計には出せない的確なバランスを持って製造されています。

あまり華美な高級時計は嫌だという人に、特におすすめしたい逸品です。控えめながらも、決して無視することができない不思議な魅力を兼ね備えています。落ち着いた大人の雰囲気と、知性的な印象を漂わせるジャズマスターオートクロノ。
この時計の魅力は重厚感のある外見だけでなく、その価格帯にもあります。

洗練された機能や見た目を兼ね備えているにもかかわらず20万円そこそこの価格帯なので、安過ぎず、高級すぎない腕時計を探していた人には特におすすめです。時計の選び方ひとつで、ビジネスシーンで相手に与える印象を大きく左右します。

使用する状況と、その時相手に与えたい印象を具体的にイメージして、自分に合った時計選びをしましょう。

手入れを怠らなければ長く使える高級時計。後悔のない買い物にしたいですね。