加藤 茶さんの時計を調べていて発見した、時計に関する共通点。

加藤 茶(かとう ちゃ、1943年3月1日 – )は、日本のコメディアン、歌手、俳優、ドラマー。ザ・ドリフターズ、こぶ茶バンドのメンバーである。本名は加藤 英文(かとう ひでゆき)。身長163cm、体重60kg。血液型はA型(長年AB型としていたが間違いが判明)。愛称は「加ト茶」「加トちゃん」「カトちゃん」「ヒデ坊」「チャー坊」など。父はギタリストの平八郎(たいら はちろう)。「ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ)」
1995年創業。
独自の路線を貫き、マニュファクチュールの枠を超越した「ロジェ・デュブイ」。
高級時計界の頂点に位置し、まさにエレガントといった表現がふさわしい、革新的なブランド。
歴史は浅いものの、世界の時計愛好家が魅了してやまない存在。

写真は、「マッチモア クロノグラフ」
強い個性を主張するエレガントなモデルで、時代の移り変わりに左右されることなく
瞬く間に愛好家に対して好評を博しました。「マッチモア」
そのモデルでも、リューズで全ての操作ができるワンプッシュクロノ。
世界限定28本。そんな「ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ)」と、
今から紹介するブランドは、〇〇のパートナーブランドになっています。

では、その〇〇とは何か?1847年パリで創業。
「王の宝石商、宝石商の王」と呼ばれ、宝石がメインだったが、いち早く時計も手掛け初めて、
1904年にサントス、1912年にトーチュ、1919年にタンクなど、現代でも活躍するモデルを製造。

代表的なモデル
「パシャ・ド・カルティエ・ウォッチ」
もともと男性用として製造され、そのデザインは力強く、ボリュームのあるものに。
現在では、アクセサリーとして女性にも人気に。時計のモデルとしてはベスト・セラー。1868年創業。
パイロットウォッチのパイオニアと有名。複雑時計の世界でも数多くの功績を残しているブランド。

代表的なモデル
「ポルトギーゼ・オートマティック」
ポルトガル商人からの特別注文で誕生したポルトギーゼ。当時から最高の時計製造のあり方を象徴し
時計機械の発展の長い歴史とその尽きない魅力を体現してきたモデル。