【アメリカ・NY発!】高級腕時計レンタルサービスについて

「ELEVEN JAMES(イレブン ジェームズ)」社は、
所定の月額費用を支払えばロレックスやIWCなどの高級腕時計がレンタルできる
アメリカ・ニューヨーク発の新しい会員制サービスです。
設立は2013年、Randy Brandoff(ランディ・ブランドフ)氏によって立ち上げられました。

社名であるイレブン ジェームズの由来は、映画「007」で主人公のジェームズ・ボンドが
スパイ腕時計を11種類から選ぶのにちなんだ社名だそうです。

ターゲットとしているのは、
一度身に着けてみたいが腕時計に大金をつぎ込むのはちょっと・・・と思っていたり、
いろいろな種類の腕時計を試してみたい・・・などと考えている層向けのものサービスです。創業者であるRandy Brandoff氏は元々高級腕時計の愛好家であった。同氏は高校時代に親友がブルーフェイスのオーデマピゲ・ロイヤルオークを見せてくれたのがきっかけで高級腕時計にはまるようになり、20代になると自分でも数年ごとのペースで腕時計を購入、コレクションするようになったそうだ。Brandoff氏は会員向け自家用ジェット機サービスを提供する「ネットジェッツ」社の幹部を経て、
自家用ジェットのシェア市場を生み出した。
富裕層の顧客たちと身近に接する機会を通じて、高級な「もの」をシェアするサービスのニーズが
高まってきていることを実感したという。高級品のターゲットとなる顧客たちが、自分で所有するよりもシェアすることに関心を持っているのを知ったんだ。プライベート・ジェット、別荘、クラシックカー、その他長い間「財産」とみなされてきた貴重品が、さまざまなクラブを通して簡単にアクセス可能になり、シェアできるようになっていたんだよ。高級品は買うよりもシェアして楽しむ―
こうしたトレンドを感じたBrandoff氏は、元々高級腕時計の愛好家であったことも高じて、
2013年に高級腕時計レンタルサービス「ELEVEN JAMES」社を設立した。取り扱っているブランドは多岐にわたり、
ロレックス、オーデマピゲ、オメガ、カルティエ、ジャガールクルト、シャネル、パネライ、ブライトリング、ブレゲなど・・・35のブランドの時計を取り扱っている。