ミゾラー所蔵コレクションブックより 5.

昔、沖縄に仕入れに行ってた頃に入手していたカタログ。
恐らく、1991年か1992年ぐらいかなぁ
アメリカ屋さんは、沖縄に店舗をたくさん持っていた軍払い下げ店です

東京で言えば、アメ横の中田商店みたいな感じです

この頃は、今の時代の様にネットで何でも見れるわけでなく
紙媒体が主でした。
情報が少ない上に、新しい情報が入るスパンも遅く
何度も何度も紙媒体を見ながら覚えて
考察して研究をして、新しい情報を欲していました。

情報は少なかったけれど、良い時代でした
薄っぺらな知識ではない、努力の元に根付いた知識です時計には、関係ない物が殆どですが
こう云ったミリタリーグッズは、一概にそうとは言えません。

分かり易い例で言えば、ブライトリングですが
部隊章が文字盤に入っている時計を見ますが
そう云ったのを調べるには売って付けです何に関してもそうですが、端に物だけを見るだけでなく
バックボーンを知る事は何よりも重要です

そこに隠されたヒストリーを知らないと、本当に理解している訳でもないし
物に対する愛情も中途半端と思います

そんな理由から、シリーズとして紙媒体にクローズアップしているわけですが
こんなミリタリーカタログより見る時計の話しをご覧くださいたったコレだけのページなのに、ワクワクします。
ネットの情報は、埋れたり消えたりするけど
髪媒体は燃えなければ、一生の資料ですね

子供の頃から、図鑑とか大好きなんですよねこの頃は、まだキャンパーって名前になっていなかったのかな?
手巻きだった⁇

もう、記憶薄っすらですがww

懐かしい!

秒針 カラーって書いてあるけど
記憶では秒針のロリポップ部分の色違いだけだったような…

そして最近、復刻版が出たのです!
(リアルタイムで見ていた物の復刻版って、ちょっと悲しいT^T)"WATER RESISTANT" の表記が消えてますね
ほぼ防水性ないのに、水に浸けられてクレームが来たらイケナイからでしょうね

ムーブメントはクォーツ
そこが、1番残念じゃーん!
今時は安価な機械式ムーブメント入れても、クレーム増やすだけですね