【サッカー歴代レジェンドと腕時計 Vol.1】ディエゴ・マラドーナ

1960年生まれのディエゴ・マラドーナはサッカー史上最高の選手の一人として知られています。
ほぼ左足しか使わないプレースタイルながらシュート・パス・ドリブルともにズバ抜けた実力を持っていました。
チームを一人、いや左足1本で勝利に導くことの出来る稀有な存在でした。
アルゼンチン代表としても1986年のメキシコワールドカップではチームを優勝に導きました。
中でも準々決勝のイングランド戦では伝説の「神の手ゴール」と「5人抜きゴール」を決めています。
アルゼンチンでは正真正銘の英雄であり、正にサッカー界のレジェンドといえる存在です。BIG BANG "Diego Maradona” LIMITED EDITION 250 ビッグ・バン セラミック 44mm ”
ディエゴ・マラドーナ限定” 250本
アルゼンチン代表のユニフォームカラーであるスカイブルーとホワイトをアクセントカラーにデザインされていてとても爽やかさを感じる時計です。
マラドーナのサインと背番号10がプリントされている他、クロノグラフの積算計が45分計になっていることもサッカーファンの心をくすぐりますね。
時計そのものも美しいデザインな上に付属品としてマラドーナの直筆サイン入りのユニフォームがついていることも見逃せません。2010年南アフリカワールドカップにおいてマラドーナは母国アルゼンチン代表の監督として参加しました。
ベンチにいながらも選手以上に感情を露わにしている様子は世界中で話題となりました。
普通はベンチにいる監督の様子などはあまりテレビに映ることは多くないのですがそこはやはりスーパースターのマラドーナ、どこにいても注目を集めます。
その時、マラドーナが両腕に付けていた時計がこの時計だったことから時計自体も注目されることとなりました。今回はウブロ ビッグ・バンのマラドーナモデルをご紹介しましたが、もちろんその他の時計も愛用してます。
それが ロレックス デイトナ Ref.116520 ホワイト もちろん両手に。
ロレックスの王道デイトナ 庶民にとっては1つ持つだけでも大変なのにさすがマラドーナ、当然のように両手にしていました。しかも家で。
マラドーナは天才にありがちな奔放な性格によって現役時も引退後も色んな話題を提供してきました。
しかしながら圧倒的な実力と人々を惹きつけるカリスマ性を持ち合わせていました。
今回紹介した時計を両手にして違和感が無いのはマラドーナならではだと改めて感じました。

次回はその他のレジェンドと時計の繋がりをご紹介できればと思います。