【ロレックス】トリプルロックリューズ(トリプロック)とは??

ロレックスがダイバーズモデルのために開発した三重構造のパッキンを装備した特別仕様のリューズ。
パッキンは、チューブ側に2つ・リューズ側に1つ使用されており、これにより高い機密性を実現している。
1970年から登場したトリプロックリューズは、その後数々のロレックスのダイバーズモデルに採用され、現在サブマリーナーでは、300m(1,000ft)、シードゥエラー4000では、1220m(4,000ft)、ディープシーでは、3,900m(12,800ft)という優れた防水性能を実現している。
リューズのクラウンマーク下位置にはトリプロックリューズの証でもある3つのドットがある。【トリプルロックリューズとは3つのドットマーク】・・・が目印です!【トリプルロック】・・・マーク 簡単に言うと三重構造(チューブ側2個リューズ側1個)の防水性を誇る【ツインロック】・・マーク リューズをねじ込んでケースへねじ込むことで二重の防水性を誇るトリプルロックリューズには前期型or後期型があります。
前期型リューズ⇒入手困難で交換時は後期型(現行)のリューズになります。
ケースチューブも交換になり今迄は前期型を着けていたが交換時は後期型の
リューズに変更になってしまいます。
後期型(現行)⇒ケースチューブはOリング付きでネジがリューズ側に切ってありますので
後期型(現行)しか合わないようになっています。このリューズの「棒線」や「三つのぽっち」

実は意味があるんです!!

「ー」………………棒線が入っているものは

ケースとリューズの素材がステンレススティール という意味です

エクスプローラーなどに見られます。

「・ ・」………………ぽっちが2つ並んでいるものは

ツインロック式リューズのことを指します。また金無垢素材です。

ツインロック式リューズとは・・・リューズを押し込んで、さらにケースへネジ込むことで防水性を高めるリューズのことです。

「・・・」………………ぽっちが3つ並んでいるものは

トリプルロック式リューズのことを指しています

デイトナ、サブマリーナ、シードゥエラーなどに見られます。

トリプルロック式リューズとは・・・1966年に登場したRef.1680のサブマリーナから採用されるようになった、ロレックス独自の防水機能を搭載したリュー ズです。

リューズチューブ側に2つ、合計3つの防水パッキンを装備し、高い防水性能を誇るリューズのことです。

とにかく、凄い!!ってことです!

他には、現在当店に在庫はありませんが

「・」………………ぽっちが1つのものは

プラチナ素材

WGと見分けがしやすいですね!

「クラウンのみ」………………

アンティークなどの昔のROLEXに多数見られますね。