オメガと宇宙…そしてスヌーピー

【オメガ スピードマスタープロフェッショナル スヌーピーアワード 3578-51】を紹介します。オメガのスピードマスターが、本格的クロノグラフとしてこの世に誕生したのは1957年。本来カーレースなどのスピード競技向けに作られましたがNASAのミッションにより宇宙・月に旅立つこととなります。あのロレックスですら手にすることのできなかった、NASAの飛行認定資格を持つことになります。この名誉あるクロノグラフの歴史を、切っても切れないNASAのミッションと共にお話していきます。アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関です。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士候補者:候補者として採用された後、約2年間の訓練を受けて合格するとJAXA宇宙飛行士に認定される。候補者募集は不定期で行われ、最近では1998年と2008年に行われた。倍率は300倍程度と言われてます。宇宙飛行士に認定された後、NASA等で更なる訓練を受ける。ロボットアームの操作技術や宇宙空間での船外活動能力等が認められ、NASAの宇宙飛行メンバーに選ばれると宇宙に行くことができます。1970年に製造されたプロフェッショナルダイバー向け「シーマスター プロフェッショナル 600」の特長を継承し、さらに全面的に … スピードマスター アポロ13号 45周年記念 スヌーピー アワード映画にもなったアポロ13号の宇宙飛行士の生還。その危機を救った オメガの貢献を称え、1970年に贈られた「スヌーピーアワード」の45周年を記念した限定 モデルです。スピードマスターのスヌーピーアワードです。2003年発表のスピードマスターの限定モデル「スヌーピーアワード」は、世界限定5441本で販売されました。この本数ですがアポロ13号の活動時間が142時間54分41秒ということからきています。この腕時計は、NASAの宇宙探査計画に貢献した企業や個人に贈られるスヌーピー賞受賞を記念して発売された限定モデルです。1970年、アポロ13号が大気圏突入のために14秒間の逆噴射の必要があり、その計測に使われ確な秒数をカウントし見事成功に導いたのがスピードマスターで、その功績が称えられスヌーピー賞が贈られオメガのスピードマスターのスヌーピーアワードの限定モデルが作られたのです。オメガのスピードマスターのスヌーピーアワードは、宇宙での大役を果たしてた正確さとタフさに加えて歴史的ストーリーが詰まったモデルです。スヌーピーアワードは、宇宙服を着たスヌーピーがケースバックの裏ぶたと文字盤の9時の位置のインダイヤルを飾ってデザインされております。裏蓋には、限定数を証明するシリアルナンバーと「The Moon Watch Snoopy Award Limited Edition」の刻印がされており、スヌーピーは宇宙飛行士のマスコットとしてまたアメリカの宇宙開発のシンボルとして愛されています。