ロレックスやIWC、高級時計を荷物として送る時の【損害保険加入の注意点】

もし、ロレックスがこんな状態で届いたら、ショックですよね。

荷物として時計を送る場合の注意点としては
①梱包を万全に施して破損防止を心がける
②信頼できる配送業者に輸送を依頼する
が挙げられます。荷物を保護するには梱包を万全に施すことが最も重要です。できるだけ、専用ボックス(購入時のメーカーの箱がおすすめ)を使う事です。メーカーのボックスはブレスを固定できる台が箱の中に付いています。これにより腕時計をしっかり固定した後に、箱の上からエアパッキン(写真のプチプチ)で覆う事で、衝撃から時計本体を守り、破損を防ぎます。しかしこれだけ対策をしても、時計が壊れる場合があります。
配送上の過失(落下破損など)で梱包の上から明らかな凹みや破けがあり破損がある時は、運送会社の責任となる事がほとんどです。そのため、運送会社は自社で加入している【賠償責任保険】を使って、送り主に損害を補償します。宅配便の伝票の下に書いている、「責任限度額30万」=(イコール)保証額(補償額)と勘違いしている方も多いでしょう。
しかし30万円の範囲であれば、無条件で支払われるわけではありません。まず、損害があった場合に補償される、損害保険の種類を理解しておきましょう。
損害保険は大きく2つに分かれます。
一つは「物保険」と言う、自分の財産を守る保険です。
もう一つは他人の財産に損害を与え、賠償請求された場合に備える「賠償責任保険」があります。この2つの保険を荷送人、配送会社それぞれが加入契約すると、万が一商品に損害が
あった場合スムーズに荷送人に補償がされるシステムになっているのです。荷送人は物保険の契約後発送、被害があれば保険会社に正しく請求申請すれば、万が一損害があった場合、損害額に応じて、保険金額を速やかに支払ってくれます。荷送人が自分の保険を使ったから運送会社は安心できるわけではありません。
保険契約者に保険金額が支払われると、その保険会社は「損害の原因」となるところへ請求を掛けてきます。
保険会社は保険金額を支払う事で、契約者から「求償権」という【賠償請求する権利】を貰う事になっています。契約者に代わり、「代位求償」を掛け、支払った保険金額分を【過失の原因】である運送会社に請求するシステムになっているのです。その損害防止のため、運送会社は賠償責任保険を契約して、「代位求償」や他の「損害賠償請求」に備えています。
こうする事で、荷送人にスムーズに損害額分の金額が支払われます。
話が逸れますが、日常生活でも過失がこちらにある場合、損害を受けた人が「僕の保険を使うから大丈夫です」という言葉には注意が必要です。後で、保険会社が「代位求償」を使い、「賠償請求」を求めて来る場合もあるからです。