香港の時計の企業は個性化の新型をおして海外市場を開拓します

香港の時計の企業は個性化の新型をおして海外市場を開拓します
海の糸博覧会の香港展示場所の近くで、一つは利の時計の香港企業といって、展示場所を設けて高級なオフィス街の中のコーナーのようで、全体の展会は第2社の時計の展示場所に会えないで、同じく利の時計を更に独特なことに見えさせます。

利の時計の常務総経理の劉仁を得るのは記者にこの会社を紹介した海外市場に広く開拓するで、水晶のアクセサリの企業の施華洛と世珍しい協力で出す1モデルはアクセサリーの腕時計を替えることができます。“私達の主要な売約先が女性ため、この新しく出す腕時計が施華洛を世珍しくてアクセサリーのチェーンブレスレットを替えて腕時計の時計の鎖をつくることができて、女性の取引先の思うままによく合う願望を満足させます。”

劉仁は表して、利の時計のヨーロッパと日本での販売量を得るのは非常に安定的で、近年東南アジア市場も興りを始めて、しかし個性化の注文して作らせる新型は会社が海外市場に広く開拓するのに利益があります。彼はまた(まだ)強調して、会社は1989年で東莞で工場を設立して、時計の業界が労働者熟練している度に対して高を求めるため、人工コストが高く上がるのため選択は東南アジアに工場を設けるのを移っていくことはでき(ありえ)ません。“当然だいくつか工程の上で、私達もオートメーション化が精度を高めるのを実現するを通じて(通って)。今年3月、私達はスイスで1つの時計工場を新たに作って、現地が時計の部品の測定に対して非常に厳格なことを求めるため、私達に対してハイエンドの市場の製品の品質をするのが安定的でとても大きい助けがあります。”

彼はまた(まだ)表して、今回の展示に参加する最大の目的はもっと多い海外の仕入商、同時に発展販売店を知っているのです。“現在のところは一帯一路の沿線国家の中で、販売量が最も良くてのインドで、私達と現地の一つの販売店はすでに30年余りの協力の経験があって、これは私達の継続発展沿線国家の市場に対してとても大きい助けがあります。”