ロレックス エクスプローラーⅠ ファースト ハニカムダイアルを、復活したデニソン ウォッチが復刻させた

デニソンケースという腕時計のケースをご存知だろうかデニソン・ウォッチケース・カンパニーという
イギリスの会社が製造していた時計ケースを総じてこのように呼ぶのである
イギリスの名門スミスが採用していた事で有名であるが、
イギリスの時計メーカーのみならずロレックスやオメガなどにも採用されていた。デニソン・ウォッチケース社の歴史はかなり古い。
アーロン・ラフキン・デニソンというアメリカ人が、1850年にウォルサム社を設立した後に
イギリスに渡り今度はバーミンガムで懐中時計のケースを製造し
ウォルサムのロンドン支社へ供給するビジネスを1862年に始めたのが
デニソン・ウォッチケース社の始まりとなるデニソンケースは、基本的にラウンドシェイプとクッションシェイプしか存在しない
ただしその素材や構造はいくつかのバリエーションがあり、
『DENISTEEL(デニスチール)』と名付けられたステンレスを主にしており
YGなどの貴金属素材で作られたものは特にコレクターに人気が高い。デニソン自体の名前を聞いた事がある人は、かなりのアンティーク通であろう。
この単なるケースサプライヤーが、何故ここまで認知され人気を博すのか
それは、現在の腕時計の基礎となる防水性の高いケースの供給により
ロレックスやオメガなどのメゾンに採用されていた事が1番の要因であろう。

1965年に操業を停止していたデニソン社だが
2010年に熱心な時計ファンの手により、再び商標が取得され
見事に復活を遂げたのであった。

そして、2015年に
新生デニソンとして、第一弾のコレクションが発表された。そのコレクションは、ヴィンテージロレックスフリークなら
誰でも知っているだろうロレックス エクスプローラーⅠのファースト ハニカムダイアル

往年のコレクタブルなハニカムダイアルを復刻した時計は
ロレックスのオリジナルにはないデイト表示を持ち
以前は、ケースの内側にひっそりと位置していたロゴが
堂々とダイアル上に鎮座している。ETA2824-2キャリバーを搭載し、316Lスチールのケースは
当然ながらイギリス製で当時のデニソン品質を継承している。

楔形のハンズとインデックスも、1950年代の雰囲気を醸し出し
ルミノヴァの夜光で、実用性にも欠かない。
ダイアルは3種類用意され、ゴールドインデックスのブラック、ホワイトと
シルバーインデックスのブラックダイアルである。オーストリアとイタリア製のストラップが付属し
ストラップ交換用のバネ棒外しまで付属する
ボックスの代わりに、レザーロールのケースが付属し
ファンの心を刺激するそれでは、ラインナップを確認していこう

ロレックス サブマリーナ オーバーホール内訳大公開!!名古屋日本ロレックスでの惨劇…。

今年の春に中古で買ったサブマリーナノンデイト。

それまでのオーバーホール履歴や内部の状態も知りたかったので名古屋の日本ロレックスに出してみることにしました。現状全く問題はないので値段がどれくらいかかるかと、不具合があったらオーバーホールしようかなぐらいの軽い気持ちでした。で、画像が明細でございます。

しばらく日本ロレックスでオーバーホール(以下OH)していないと基本料金でこれくらいかかるそうで…。内部部品交換¥5,000-は過去の履歴が10年以上ないと組み込まれるシステムらしいです。

ここから税込なので¥72,900-やっぱりけっこうかかるのね。

安い自動車の車検ぐらいはかかってしまう。ん?

クリスタル傷??

うそーん。ルーペで見て、指で何度もざらつきを見て確認したのに…どこかにあるのね…。

さて、ここからは名古屋日本ロレックスの実態をご紹介。名古屋の日本ロレックスは「国際センタービル」一階奥にあります。国際センタービルとは名古屋地域の国際化を推進することを目的として設立されビルとなります。

中に入ると吹き抜けのロビーがあり上層階には、図書館や貸施設、外国人向け相談施設等が入っています。商業ビルというよりは市役所みたいなイメージですね。

プレミアがついたロレックス エクスプローラーⅠ114270 どちらを買うべきか悩んでみました

ロレックスを購入する時誰もが悩むと思います。モデルはもちろん、金額、状態、付属品、店などなど尽きることはありません。そんな中でもまずはモデルをしっかり選ぶことが重要です。今回私は悩んだあげく、渋いロレックス エクスプローラーⅠ114270 を選びました!大人気ロレックス エクスプローラーⅠ114270を一緒に見ていきたいと思います。そして私のこだわりもご紹介していきます。見てくださいこのシンプルなデザイン。渋すぎますよね。まず僕は断然36mmの114270ですね。現行の214270だと39mmでやはり大きいと感じてしまいます。若干小ぶりの旧型がやっぱり良いです。渋いです。僕はずっと欲しかったのですが、絶対他の人と被ってしまうという悩ましい問題があり本当に買おうかどうか悩んでいました。そこで考えたのがプレミアのついている商品。たとえば1016とか14270のブラックアウトとか・・・。多々あるとおもいますが、まぁみんなご存じで中古市場でもありますよね!?そんななかで、まだ市場にあまり出ていない新しくプレミアがついている114270のランダム番と114270のブラックアウトに目を付けました。こだわるからには、妥協することなく自己満足度が高いエクスプローラーⅠを徹底的に探して選ぼうと思いました。

ロレックス スポーツモデルと主要ブランドのケースサイズを比較【完全保存版】

一般的な成人男性のサイズは15~18cmと言われています。少し前まではデカ時計ブームで、各メーカーも42mm以上の時計をどんどん出していましたが、ここ最近は少し収まり気味です。バーゼルなどの発表では40mm程度のものが再び登場するようになってきました。キングオブロレックスのデイトナ!2000年に自社ムーブを搭載し、名実ともにフラッグシップに。

誰もが憧れるこの形は大きさ、配置ともに完璧といっても過言ではありません。本当にカッコいいです。現行も旧型も変わらずケース径は40mmです。

着けてる人をよく見ますが、みんな違和感なく似合ってるんですよね~ロレックス エクスプローラーⅠ新型になり3mmアップして39mmになりました。

旧型の36mmは今では女性の人も着用してます。腕の細い男性にはちょうどよく着けることができます。逆に今小さめのスポーツモデルが少ないので貴重だと思います。

旧型のドレス系には結構ありますが・・・

【ロレックス 】オイスターロイヤルを知ってますか?【ミラーダイヤルを貴方に】

さてさて、世の中にはロイヤルの冠の付いた商品がごまんと存在しますが、そもそもの意味から調べてみましょう。英語: royal は、「王の」、「王室の」を意味する。オランダ語の「コーニンクレッカ」、スペイン語の「レアル」と同義。なるほど!王室に関係のある高貴な『モノ』に付けられる称号なんですね!!さて皆さんロイヤルといえば何を想像しますか?

私の場合は、まずは英国王室ロイヤルファミリーでしょうか。車好きの方はやっぱり日本男児の憧れの車!そうです『いつかはクラウン♪』クラウンロイヤルですね!私の年齢がバレてしまいそうですが、、飲み物で言えば皆さん大好きな紅茶花伝ロイヤルミルクティー!こちらもパッケージに王冠が描かれてますね。さあ、そろそろ本題に戻らないと、色々問題が起きそうなので本題に戻りましょう!

かつてロレックスにもロイヤルの称号がついた「オイスターロイヤル」という名機が存在しました。
それがこちら!
ドドン!!1950年代後半~60年代に製造されたRef.6426 を用意しました。アルファハンドが鋭い印象の一品。ムーブメントはロレックス手巻きのcal.1215を搭載。

調べましたところアンティークウォッチ販売店の価格は10万円代後半〜30万と様々。
状態や、付属品により大きく値段差がありました。さて、レアポイントを見ていきましょう!何といってもまずは金色に輝くミラーダイヤルでしょう。ミラーダイヤルとは、1967年位までの製造モデルに存在した艶のある文字盤のこと。鏡のように輝きがあることから名付けられたものであることが想像出来る。
文字盤の艶以外の特徴としては、文字盤に記載されたロゴ等が、ゴールドでペイントされている点である。(マット調の文字盤は、ホワイトでペイントされている。)
材質上ミラーダイヤルは経年変化によるクラック(ひび割れ)が入りやすく、当時の艶が殆ど残っていない物も多い。コレクターの間ではクラックが入っている状態が本物のミラーである一つの証拠と考えられている。
尚、このクラックに関しては、塗料がラッカー系かニス系かによる違いではないかという説もある。1950年代半ばから1950年代後半にかけて使用された比較的塗りの薄いラッカー系には、クラックが入ったものが多く見られるが、1950年代後半から1960年代半ばに使用された塗りが厚いニス系には少ないことが確認されている。
更に、ミラーダイヤルの外周部に沿う形で円を描くようにラインの入ったサークルミラーとサークルがない通常のミラーが存在し、サークルミラーのタイプはその生産が1963年位までであると推測される。数年前からミラーダイヤルに対する人気は高く、ミラーかノーマルダイヤルか、更にはサークルミラーか通常のミラーかといったダイヤルの違いによる価格差は大きい。

見つけたら即買!ロレックス エクスプローラー1&2の旧型おすすめモデル

まずはロレックス エクスプローラー1(EXⅠ)から『ブラックアウト』のご紹介です。時計好きの方なら知っている方も多いと思いますが、ブラックアウトのレアポイントは文字盤のインデックスで3・6・9の数字内に白いラインが入っていないものを『ブラックアウト』といいます。Ref.14270のブラックアウトはE品番とX品番の初期生産分のみ生産されておりタマ数もすくないレアなモデルです。続いては同じロレックス エクスプローラー1(EXⅠ)Ref.14270から『先端ドット』のご紹介です。上記画像を見て頂けるとわかるように、秒針の夜光ドットがやや外側によっているのが通称『先端ドット』とよばれる個体です。ロレックス エクスプローラー1(EXⅠ) Ref.14270 の他にサブマリーナRef.14060などにも見られるこの特徴は90年代前半(初期)に見られるもので、注意深く見ないとなかなか気づきませんが、希少性・将来性ともに十分なレアアイテムです。実際の販売価格に関しては今のところノーマルと比べても大きな差はありませんが、今後注目されていけば将来、価値のあるものとして評価されるかもしれません。それにしても、、、最初に気づいた人もすごいですね。笑

ミゾラーの変態時計博物館 ❶【1970年代 フォルティス コブラ】

スペースエイジ
一般にスペースエイジといえば70年~80年代を指します。
宇宙時代や近未来に憧れを抱き、これまでにない斬新なデザインが生みだされたエキサイティングな時代。
高度成長の波に乗り、企業やデザイナーもこぞってデザインに夢中になったひとときです。
ある意味、プロダクトデザインの黄金期と言ってもよいでしょう。

【レア・ロレックス知ってる?シリーズまとめ】 時計マニアなら全部知ってて当然だよ!レアモデル・レベル付き

この画像は藤原ヒロシさんの「リングオブカラー」の記事から、ご本人の私物コマンドーです。

時計コレクターの藤原氏ならではの渋いチョイスですね。
レアモデル・レベル3と高めです。
存在自体、あまり知られていませんから。

コマンドー 6429について書いた記事から、「知ってる?」シリーズが始まりましたので、是非併せてお読みください。

ROLEX COMMANDO Ref6429「コマンドー」って知ってる?【レア・ロレックス①】続いて超超レア、入手レベルMAXのタコシード16600!

近年のレアものロレックスの中でもレベル「鬼」です。

もし着けている人がいたら、ニセモノでしょう(笑)
Rolex Octopus Ref16600「タコシード」って知ってる?【レア・ロレックス②】何故か、日本限定だとか・・・
スペースドゥエラー1016の記事です。

Rolex Space Dweller Ref1016「宇宙の住人」って知ってる?【レア・ロレックス③】ブルーベリーなんて、可愛らしいネーミングのブルー・ワントーンベゼルGMTマスター1675をチェック。
個人的には国章なしが好み。

Rolex Blueberry Ref1675「ブルーベリー」って知ってる?【レア・ロレックス④】

ロレックスのコピー品 撲滅記事まとめ ~時計怪獣のニセモノ/レプリカ対策情報~

まず、第一にコピー/ニセモノ/ダメなヤツとは何ぞや?と言うところから。

①1からニセモノを作っちゃう。
本物の時計を分解し、型を取りコピー、ニセモノだけで組み立てる。

②時計の一部をニセモノにしちゃう。
ダイヤモンドを後から付けちゃう、文字盤を別のに変えちゃうなどなど。

③時計の一部だけホンモノを使う。
これは①と②を足したようなヘンテコ品

④本物だらけなんだけど、バラバラな時計をまとめて組み上げちゃう。
これは今回の話とはベツですかね。

こんな風に単に「ニセモノ」と言っても色々あります。
ス-パーコピーとかレプリカとか言われるのは①ですね。
主に中国から世界にばら撒かれます。
「noob」とかで検索すると色々画像が出てきますので、予備知識として頭に入れとくのも良いでしょう。
買っちゃダメですからね。時計怪獣 WATCHMONSTER のトップキュレーター「ミゾラー」さんもニセモノ情報を定期的に記事にして注意喚起しています。

時計好きにはニセモノは許せませんからね。

だいたいニセモノの時計買うような奴は「時計」好きじゃないんですよ。
「見栄」とかそんなんで、買うんでしょ?この記事では5つにポイントを絞っています。

普通の方は「ニセモノ」なんて買いませんけど、万が一「おかしいな」と思ったらチェックしてみてください。

〈セイコー プレサージュ〉より、国産初の自動巻腕時計「オートマチック」のオマージュが発売

セイコーウオッチ株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、機械式ウオッチブランド<セイコー プレザージュ>から、セイコー創業135周年を記念した数量限定モデルを、希望小売価格120,000円+税にて、2016年11月11日(金)より全国で発売いたします。販売数量は国産初の自動巻腕時計「オートマチック」が誕生した1956年にちなみ、限定1,956本です。