【知って得する】腕時計の多彩な機能(初級編)

多くの腕時計の機能の中で一番多く付いているのは「デイト機能」ではないでしょうか。
12時ちょうどに日付が変わる「デイトジャスト(機能)」はロレックスで有名です。

デイト機能にも様々な種類が存在します。一般的なデイト表示のモデル。
3時位置に日付窓のタイプが一般的となっていますね。
ほとんどのデイト表示のモデルがこのモデルとなっています。独立した二つの日付窓をもつビッグデイト。
一般的なデイト表示よりも大きな数字なので視認性にも優れています。
9日から10日、19日から20日等の両窓が変わる瞬間を是非お楽しみ下さい。ポインターデイト。
ポインターデイトには小窓はなく、外周に1日~31日までの日付がプリントされます。
その日付を、ポインターデイトの針が指し示すようになっています。

デイト機能は日常でも一番使用することが多い機能ですね。

この一般的な機能にも注意すべき点が一つあります。
それは夜中に日付を変えてはいけないということ。
深夜の時間帯は時計内部で歯車が日付を変えようとしているので、その時間帯に日付を変えてしまうと調子が悪くなってしまうことがあります。
夜の8時から朝の4時までの時間帯は日付を変えないよう注意してください。スポーツウォッチと言ったらまず、思い浮かぶのがダイバーズウォッチですね。
見た目が大きく派手なモデルが多いので男性に人気があります。
一口にダイバーズウォッチと言ってもJIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)で定められた規準があります。
ファッションで選ぶ場合でも、少なくとも200メートル以上、できることなら300メートル以上の防水性があると安心です。
(日常生活でそこまでの防水性が必要なことは、ほとんどありませんが。)
ボンベを背負ったダイビングでも60メートルそこそこまでしか潜らないですからね。

ダイバーズウォッチの必須条件となっているのが逆回転防止ベゼルです。
時計のケースの外側についたメモリのある部分ですね。
元々、潜水中の経過を計るベゼルとして作られました。間違って右方向に動くと実際よりも酸素が多いと勘違いしてしまうので、左方向にしか動かない使用になっています。
(水中で間違えたら大変!命に関わります)このベゼルの部分は各メーカーこぞって、様々なカラーリングやデザインにしています。
オレンジのベゼルや黄色と黒のツートーンカラーなど、一見派手でオシャレの為かと思ってしまいますが、実は太陽の光が届きにくい水中での「視認性」を上げるための大事なデザインなのです。

日常生活の場面で「逆回転防止ベゼル」は、経過時間の計測(何時までがランチ休憩かな?)等、別目的で使用するケースがほとんどですね。

ちなみにこの「防水性」ですが、(ねじ込み)リューズがしっかり閉まっていないと全く効果が発揮されませんのでご注意ください。

【ロレックス デイトナ】クロノグラフを使いこなそう

まず上下のプッシュボタンのねじ込み式ロックを解除します。
上はスタート/ストップボタン、下はリセットボタンとなっています。
スタート/ストップボタンを押すと「12時間計」「30分計」「秒」の積算計が動きだします。(スタート)
もう一度押すとストップします。(ストップ)
下のリセットボタンを押すと、全てがゼロになって針が戻ります。(リセット)
クロノグラフは多くの部品で構成されているので、とても繊細です。
スタートしたら必ずストップしてからリセットしましょう。故障の原因になってしまします。(衝撃による針ズレの問題)
もちろん、計測終了後にねじ込み式ロックをすることもお忘れなく。(防水の問題)クロノグラフはスポーツシーンでタイムを計測する時に非常に便利な機能です。
いわゆるストップウォッチの役割を果たしてくれます。
例えば、1,000m走のタイムを計測する場合を例に説明します。右インダイアルの30分積算計とクロノグラフ針をご覧ください。① スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックを解除します。
② スタートと同時にスタート/ストップボタンを押します(計測開始)。
③ ゴールと同時にスタート/ストップボタンを押します(計測中止)。
④ 30分積算計とクロノグラフ針で「2分43秒00」を指しています。
⑤ タイムを確認したらリセットボタンを押します(リセット)。
⑥ スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックをします。デイトナはベゼルのタキメーターというメモリを使って、車などの平均時速を計測することができます。デイトナは元はレーシングモデルですので、車の時速を測ってみましょう。クロノグラフ針とベゼルのタキメーターをご覧ください。① スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックを解除します。
② 計測したい地点、もしくは車がスタートした時にスタート/ストップボタンを押します(計測開始)。
③ 計測地点から1kmの地点でスタート/ストップボタンを押します(計測中止)。
④ クロノグラフ針が指すベゼルのタキメーターが75と74の間を指しています。
⑤ この画像の場合、時速74.5kmとなります。
⑥ 平均時速を確認したらリセットボタンを押します(リセット)。
⑦ スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックをします。

20万円以上のロレックスや高級腕時計の海外旅行時の申告、海外での腕時計ショッピング

以前、ほぼ同じ内容の記事を書きました。その記事が長期に渡り、多くのアクセスがありコンスタントに読まれています。
これは海外旅行時の【腕時計の持ち出し申告】といった手続きに、皆さんの関心が高いと僕は思いました。
今日は改めて、前回書けなかった事も加えて、もっと深く掘り下げて書いていきます。お盆休みの間に海外旅行に行かれた方も多いと思います。最近は外国人観光客の来日人数の増加が注目を浴びていますが、国土交通省、観光庁の発表数値では日本人渡航者数も2017年で2869万人と毎年増加傾向になっています。
これはLCCの増加で航空運賃が下がっている事も渡航者増加の要因になっています。LCCを利用して簡単に今シーズンこれから初めて海外へ行く人、既に行かれた人も多いと思われます。
しかし、海外旅行はパスポートを持ち他の国へ行くため、国内旅行とは違い様々な手続きが発生します。その一つが出入国審査です。イミグレーションと呼ばれる出入国審査では、税関を通り荷物や人物のチェックを受けます。ここでは身に着けている物全てが、検査の対象です。勿論手首のロレックスもです。出国時は、『保安検査』→『税関検査』→『出国審査』の手続きを経て海外へ旅立ちます。その中の「税関検査」で海外へ持ち出す腕時計が外国製がどうかを申告します。もしロレックスを海外旅行時に出国する場合は税関で「外国製品の持出し届け」を提出して下さい。申告をする理由は帰国時に皆さんの腕時計が【海外で新たに購入した物で無い】事を証明するためです。海外で新たに購入した外国製の腕時計は帰国時に20万円以上の物は消費税分が課税されます。税関のHPでも【腕時計の持ち出し申告】が先ず挙げられています。
【外国製腕時計】は出国時に必ず申告をして下さい。この手続きをすれば帰国時に余計な出費する事無く、ロレックスを付けて堂々と帰国できます。しかし申告を忘れたり、怠ると日本に帰国時に課税させる場合があります。
例えば30万円の腕時計であれば¥14300課税されます。
申告を忘れる以外に多いのが、バレないだろうと思い故意に申告を怠る方です。
悪質な場合は「関税ほ脱犯」として10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金が課せさるため必ず申告して下さい。絶対バレないと考えてスーツケース、鞄に腕時計を隠していても、ケースを開けられての検査になる場合が多いです。面倒でも出国時に必ず申告すれば堂々と帰国できます。

【レア・ロレックス知ってる?シリーズまとめ】 時計マニアなら全部知ってて当然だよ!レアモデル・レベル付き

この画像は藤原ヒロシさんの「リングオブカラー」の記事から、ご本人の私物コマンドーです。

時計コレクターの藤原氏ならではの渋いチョイスですね。
レアモデル・レベル3と高めです。
存在自体、あまり知られていませんから。

コマンドー 6429について書いた記事から、「知ってる?」シリーズが始まりましたので、是非併せてお読みください。

ROLEX COMMANDO Ref6429「コマンドー」って知ってる?【レア・ロレックス①】続いて超超レア、入手レベルMAXのタコシード16600!

近年のレアものロレックスの中でもレベル「鬼」です。

もし着けている人がいたら、ニセモノでしょう(笑)
Rolex Octopus Ref16600「タコシード」って知ってる?【レア・ロレックス②】何故か、日本限定だとか・・・
スペースドゥエラー1016の記事です。

Rolex Space Dweller Ref1016「宇宙の住人」って知ってる?【レア・ロレックス③】ブルーベリーなんて、可愛らしいネーミングのブルー・ワントーンベゼルGMTマスター1675をチェック。
個人的には国章なしが好み。

Rolex Blueberry Ref1675「ブルーベリー」って知ってる?【レア・ロレックス④】

ロレックス 新型スポーツモデルに採用されるセラクロムベゼルの魅力

ロレックスは一部のプロフェッショナルモデルのために、最も過酷な状況においても美しさと機能性を保持するセラクロムベゼルを開発し、特許を取得した。非常に硬いセラミックを素材とし、極めて耐傷性に優れ、紫外線による退色を防ぐ。ダイヤモンドで研磨された表面は、美しい光沢を放つ。周囲に刻まれた24時間目盛りは、プラチナの微粒子層でコーティングされている。【セラクロム】とはロレックスが特許を取得したセラミック素材のことなんですね。

セラミックと言えば、まず思い浮かぶのは「歯」の治療に使われる素材ですね。毎日ものを噛む歯の代わりになるくらいですから、それは丈夫なのでしょう。

ではその硬さとはいったいどの程度のものなのでしょうか?

硬さを表す【ビッカース硬度】で調べてみると以下のようになります。

ビッカース硬度(Hv)
ダイヤモンド:10000
サファイヤクリスタル:2300
セラミック:2300
ステンレス316L:190
プラチナ:50
金:22~50勿論ダイヤモンドは圧倒的ですが、ロレックスの風防に使われているサファイヤクリスタルと同等の硬さです。

しかし硬度と粘りは相反するものですので、硬度を高めれば高めるほど素材の粘りは低下し衝撃には弱くなります。

サファイアクリスタルやセラミックには脆さという欠点があります。

とはいえ、よほどの衝撃を与えない限りは問題はないでしょう。

ロレックスで従来使用されていたベゼル、ステンレスやアルミ製のベゼルプレートは着色部分が経年変化で色褪をおこしたり、傷付きやすいという問題を抱えていました。つまり「退色」と「傷」です。これらの問題点をクリアした素材が【セラクロム】というわけです。

更に美しい光沢、目盛り部分のプラチナコーティングにより、従来よりも高級感のあるベゼルになりました。ロレックススポーツモデルの王様、デイトナもセラクロムベゼルへ変更しています。

デイトナはベゼルがステンレスからセラクロムへという点よりも、ベゼルカラーがシルバーから黒への変更という点の方がインパクトが強く、全くイメージが変わりましたね。

旧型116520はラグ、ブレスとの一体感があり無骨ですが男らしい印象です。

新型116500はベゼルが黒になったことにより、よりシャープでスタイリッシュな印象になりました。セラクロムベゼルは光沢もあり、やはり高級感がでますね。

個人的にはオシャレな印象に変わったかなと思います。

2016年 アジムートの新作が、ますますエスカレート クレイジーライダー

ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによるアメリカン・ニューシネマの代表作。その衝撃的な結末で知られる。1969年(第42回)アカデミー賞で助演男優賞と脚本賞にノミネートされた。1998年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

劇中に登場するバイクは、1965年型ハーレー・ダビッドソンでエンジンはパンヘッドと呼ばれるタイプ、排気量は1200ccである。フレームは当時としては斬新なフルメッキを施しており、リジッドでサスペンションが無い。ワイアットが乗っているチョッパーは、前輪ブレーキが装備されていない。劇中で登場していたマリファナは本物を使用していた。

オリジナルマスターが暫く行方不明となり存続が危ぶまれたが、その後発見され、DVD化された。音楽は全米2位となったステッペンウルフの「Born To Be Wild(ワイルドで行こう)」、バーズやジミ・ヘンドリックスの楽曲などを用いる。当初エンディングにはボブ・ディランの「イッツ・オールライト・マ」がそのまま使われていたが、公開前の試写を見たディランから曲使用の許諾が得られなかったことと、ディランからの“(「イッツ・オールライト・マ」で終われば)映画の持つメッセージが陰惨で否定的なものになる”というアドバイスを受け、エンディングはロジャー・マッギン演奏による「イッツ・オールライト・マ」及びマッギン書き下ろしの新曲である「イージー・ライダーのバラード」に差し替えられた。マッギン作ではあるが、歌詞の原案はディランのものだという。(en:Ballad of Easy Rider) 後「イージー・ライダーのバラード」はザ・バーズのバンド・ヴァージョンが再レコーディングされアルバム・タイトルにもなる古着好き、アメリカ好き、バイク好きな方ならもちろんの事
それ以外の方でもこの風貌のキャプテン アメリカは目にした事あるのではないでしょうか?

最近人気のバイカーファッションには、バイブル的映画です
ファッションやバイクに関しては、勉強させられる部分が多いのですが
内容としては、70年代のドラッグムービーの内容で
ドロドロとして、スカッとしたものでありません。

当時のカルチャーと、自由なアメリカを求める姿
人種差別や、理不尽な社会を映し出し静かに訴える内容です。

映画の内容よりは、キャプテン アメリカのファッションや
演じたピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソンの存在感が
独り立ちしてしまった映画にも感じます

ステッピングウルフのBORN TO BE WILDが楽曲として使われた事も
広く知れ渡っていますね

見られた事ない方は、一度機会があればご覧になられて下さい
名作ですので、知らないとちょっと恥ずかしいです。

さて、何故イージー・ライダーなのかと言うと
アジムートと云うアヴァンギャルドな時計作りを得意とするブランドの
クリエイターが、かなりのイージー・ライダー好きらしいのです

好きなのは多いに構いませんが、なんとそのイージー・ライダーのスピリットを
フューチャーした腕時計をクリエイトしてしまったのです

バイカー映画を、時計に??

腕時計が完全にバイクになってしまいました。

ちょっと、バイクメ〜ンっぽいな。。独特のケース形状と革新的な針の動きで、24時間表示の構造を持ったスイス製AZIMUTH【アジムート】のクレイジーライダー自動巻きです。
アジムートのクリエイターは、1960年代の ジャック ニコルソンとピーターフォンダ主演の映画「Easy Rider」(イージーライダー)のファンで、その映画に流れるスピリッツや自由さ、大胆さを、このクレイジーライダーで表現しました。
他の時計メーカーにはない、独特で奇抜なケースフォルム。
これは自動車のエンジンを模しています。
左右非対称なケースは無限を表す形であり、究極のタイムピースの風格を漂わせています。 ミニチュアチェーンがダイアルの真ん中を囲み、透かし車輪が両側についてそれを補助しています。この形は自動車のスプロケットブレーキ機動システムを連想させます。
この独創的なチェーン伝達デザインが、時間と分を表すディスプレイを駆動させています。時針はダイアル全体を通り、24時間表示で時間を示し、分針は右側 車輪の固定された位置で回転します。完成したモデルは、イージー・ライダーからのインスピレーションそのまま
「クレイジー・ライダー」と名付けられたのでした。

エンジンをモチーフにしたケースはシリンダー状で、
楕円と円形が組み合わさった非常に珍しいデザイン。
デザインを起こすのはともかくとしても、
このケースを実用性を持って作り込むのは、かなり大変だったと伺えます。

ケースを支えるのは、表面は6角のレンチのビスで
裏側は、星型のホールのビスである
かなり分解するのにも労力がいる筈であります特記すべきは、チェーン状のパーツで
これがチェーン同様の動きをし、チェーンに配されたハンズが24時間で一周する様になっており
長針はスプロケットモチーフのパーツのセンターに鎮座して
その位置で時間を司どるのです

バックスケルトンで覗けるムーブメントを確認すると
丸型のケースの部分に汎用ムーブメントがリファインされたものが収められ
楕円形の方側に、その複雑なダイアルをコントロールするパーツを
ラジエーターにも似たデザインのパーツがカバーしているのですバイクやモータースポーツのエンジンをモチーフ!。AZIMUTH【アジムート】SP-1 Crazy Rider【クレジーライダー】24時間表示自動巻き腕時計/正規代理店商品

ロレックス デイトナ アンティーク~本物のオトナのために

1960年代前半「オイスターパーペチュアル・コスモグラフ・デイトナ」は生まれました。

60年代半ばにムーブメントの変更、70年に防水性能の高いねじ込み式プッシュボタンを採用、そして一度製造中止となり、1988年に自動巻きのクロノグラフとして再登場したのです。腕時計の世界で「アンティーク」と呼ばれるものは、1940年代後半から60年代のものを指します。

デイトナの場合は60年代のモデルをアンティークと呼びます。市場ではかなりの高値がついていて投資アイテムにもなっています。

特に「ポールニューマン・モデル」と呼ばれるモデルが超プレミアムモデルです。その資産価値、ステイタス性の高い時計を身に着けることでふさわしい品格を感じさせてくれるアンティークモデルは、現行モデルでは味わえないものです。

アンティークモデル選ぶということは手間のかかる手入れも充分に行える余裕も持てるとアピールしているのと同じです。

きちんと見極める眼も持つ30代40代以降の大人にこそふさわしいといえるでしょう。Ref.16520より前の4桁品番は手巻きモデルとなり大変な人気があります。

Ref.6265は初めて防水性を備えたクロノグラフとなった完成度の高い手巻きデイトナです。

Ref.6263はアンティーク市場で人気ナンバーワン。

Ref.6264は製造期間が短いため希少性が高いレアモデルです。

Ref.6239は「DAYTONA」という表記が初めて刻まれたモデルになります。

Ref.6241は黒のプラスチックベゼルが特徴です。デイトナアンティークに限った話ではありませんが長く使用したいのであれば日常気をつけることがあります。

数十年経ったアンティークモデルは防水性能が落ち、一度水が入ってしまったらオーバーホールでも修理できない可能性があります。

ですから①洗顔のときは時計を外す、②落下しやすい場所に置かない、③振動をさけるためにスポーツのときは使わないなどに気を付けてください。

また夏場は汗にも気を付けてください。

人が着けてないイケてるクロノグラフを探す!Part ❻ ジラール・ペルゴ フェラーリ F1-2000

フェラーリF1-2000は、スクーデリア・フェラーリが2000年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ロス・ブラウンとロリー・バーンが設計した。2000年の開幕戦から、最終戦まで実戦投入された。フェラーリとしてのコードナンバーは651。至高のライバル対決

フェラーリ在籍5年目となるミハエル・シューマッハは開幕3連勝という好スタートを切り、第8戦カナダGP終了時点で22点のポイントリードを築いた。一方、3年連続チャンピオンを目指すミカ・ハッキネン(マクラーレン)は前半戦精彩を欠き、むしろチームメイトのデビッド・クルサードの方が好調さが目立った。

シューマッハが第9戦フランスGPから3連続リタイア(うち2戦はスタート直後の接触)と足踏みしてる間にハッキネンが盛り返し、第12戦ハンガリーGPの優勝で今季初めてポイントリーダーに立つ。続くベルギーGPでは、ハッキネンが周回遅れもろともシューマッハをオーバーテイクする圧巻のパフォーマンスをみせ、流れを完全に握ったかと思われた。

しかし、2連勝で反撃したシューマッハがチャンピオンに王手をかけ、第16戦日本GPを迎える。両雄は予選から火花を散らし、決勝では雨を味方につけたシューマッハが優勝し、自身3度目のドライバーズチャンピオンを決めた。フェラーリ在籍ドライバーの王者は1979年のジョディ・シェクター以来21年ぶり。フェラーリはコンストラクターズタイトルも制し、同じく1979年以来のダブルタイトル獲得となった。

F3時代からライバル関係にあるシューマッハとハッキネンは、激しくプレッシャーを掛け合いながらも、互いを認め合うフェアな対決を演じた。第14戦イタリアGP後の記者会見では感極まったシューマッハが泣き出し、隣に座っていたハッキネンが肩を叩いて慰めるというシーンがあった。以前に、パネライ・フェラーリのFER00001を所有していた事がある。
手放したのは、やはり重かったのが一番の原因だった。
ケースの形状が好きで、タイヤの様なリューズも気に入っていたけれど
44mmでレザーストラップでも重く感じていたので
なかなか着けなかったのだ。それと共に、もう一つ懸念される点があった。
やはり、フェラーリのネームバリューが大きすぎる事だった。
フェラーリに乗っていて(もちろん、夢の話し)、フェラーリを着けるのも些か寒いし
かと言って、外車に乗れる様な生活ではないのに
フェラーリの時計を着けるのが、何とも烏滸がましかった。それは、ダイアルに大きく配されたフェラーリのロゴと跳ね馬に
原因がある事は否めない。話しは大きく変わるが、現在のフェラーリの時計はHUBLOTが作っている事は周知の事だろう。
では、パネライの以前は?

ジラール・ペルゴが、長きに渡り数々のモデルを送り出していた。
そもそも、ジラール・ペルゴとフェラーリの社長同士が友達らしい。
それでいいのか?コラボレートって?ジラール・ペルゴ フェラーリの時計で一番目にするのは
上の画像にもあるフェラーリのトレードカラーのイエローとレッドを纏ったクロノグラフであろうただ、このモデル達は2003年モデルであり
既に、これ以前よりコラボレートの時計は発売されている。今回、僕が着目しているのが
2000年のF-1 シューマッハがドライバーの時に
フェラーリが21年振りに優勝を飾った記念に発売されたモデルである。2000年に発売されたモデルは、2000本のリミテッドだった。
ただ、やはり売れ残っていた様で検索すると安売りの爪痕が残っているのが確認出来るしかし、このコラボレートモデルは
まだジラール・ペルゴのロゴが由緒正しい場所にあり
フェラーリのロゴや跳ね馬はダイアルには存在せず
"F-1 2000"のロゴのみであった。

タグ無しホイヤー プロフェッショナルに、そろそろ着目しといた方がいいかもよ

タグホイヤーの歴史は、意外に長い。
1860年の創業以来、100年以上も続いた創業者の世襲ブランドである。

1960年代には、クロノグラフ製造メーカーのレオニダスを吸収し
1967年には自動巻きクロノグラフキャリバー11を世に送り出す

当然、この頃はタグホイヤーではなくホイヤーレオニダスが正式であり
様々な名品クロノグラフが生み出されたのであった。1982年に、ホイヤーはピアジェの傘下に入り
長きに渡り続いた世襲も終わりを迎える。ホイヤーも例外ではなく、クォーツクライシスによる資金難であったところ
1985年にテクニクス・アヴァンギャルド(TAG)社からの資金援助を受け
タグホイヤーとなった。
そして、タグホイヤーとしての第1弾の時計フォーミュラ1は
見事に成功を収めたのであった。

その後、タグホイヤーは
1999年にLVMHに吸収されて現代に至る。現在、個人的に着目しているのがピアジェ傘下時代のホイヤー
或いは、その時期の幾分前のホイヤー
モデルとしては、プロフェッショナルダイバータグホイヤーのカタログをほぼ網羅しているサイトを見つけたが、
紹介はまたの機会まで、楽しみにして頂きたい。
(少しは、自分で調べないと実にならないよww)どうだろう、このルックス
回転ベゼル、ベンツ針、太めのドットインデックス、リューズガード
この当時にして、既に円熟されたデザインで非のつけようがない。実用性が、優先されたクォーツムーブメント
正しく、80年代を象徴している