【必見】限定品を買う前に知っておきたい事。

結論から言うと、腕時計で将来的に所持していて価値が出る限定品は全体の1割程度。

画像はオメガの人気モデル、スピードマスターデイトのオリンピック限定モデルです。
中古相場を調べるとレギュラーモデルと販売価格は変わりません。
しかし、買い取り価格には差が出てしまいます。実際はレギュラーモデルの方が売れるため、優遇されているのが現状です。
オリンピック限定をいう例を出しましたが、世界限定1000本とか、2000年限定発売とか
様々な限定腕時計が出ていますが、実際によく売れるのはレギュラーモデル。
高級時計を検討していて1本目に限定モデルを選択肢に入れる方は少数派になるのではないでしょうか。
定価で購入した場合(中古で購入した場合も)、限定を理由に売値が上がることは、残念ながらほとんどありません。オメガ スピードマスター プロフェッショナル スヌーピーアワード
2003年発売5441本限定 当時定価 約37万円。

現在(2016年3月)中古販売価格 約55万円前後、未使用は70万円~。

オメガは限定品、F1レーサーとのコラボ限定等を発表していますが、そのほとんどは
期待以上の結果が出ていないのが現状です。パネライ サブマーシブル3デイズ ブロンズ 2011年世界1000本限定
当時の定価 約100万円。
現在(2016年3月)中古販売価格 約280万円~

パネライは毎年スペシャルエディションを発表しています。
すべてが定価超えになるというわけではありません。カルティエ ロードスター クロノ W62044X6 2006年ワールドカップ 世界150本限定タグ・ホイヤー CV201Y-BA0794 カレラ リングマスター アラン プロストモデル 2011年 350本パネライ ルミノール マリーナ 名古屋ブティック限定60本 O番 PAM00463

ロレックス ドレス系最上級モデル デイデイトの系譜

ドレスウォッチの最上級モデルに位置づけられる"デイデイト"。使用されている素材はプラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ローズゴールドなどの高級素材のみを使用しており、ステンレスモデルが存在しません。また、ブレスレットにおいてもデイデイト専用のブレスレット(プレジデントブレス)を採用しており、他のコレクションとは一線を画したモデルとなっています。今回はそんなデイデイトを初期モデルから現行モデルまでまとめてみましたのでご紹介してまいりたいと思います。ファーストモデルであるRef.6511(6611/6613)。半世紀以上前のモデルという事もあり完全にアンティークウォッチですね。ムーブメントはCal.1030にデイト表示とフルスペル表示を追加したムーブメント"Cal.1055"が搭載されています。インデックスは現行モデルとは違い、先端が尖った"弾丸針"を採用しています。初期モデルRef.6511の生産期間はわずか1年ほどと非常に短いため、市場で見る事もほとんどありません。クロノ24で探してみたところ、2点だけヒットしました。価格を見てみると133万円。意外にも手頃な金額に感じました。相場はこんなものなのでしょうか。Ref.6511登場の翌年に発表されたのがセカンドモデルのRef.6611。デザインチェンジはほとんど見られませんでしたが、ムーブメントが改良されました。セカンドモデルは初期モデルに搭載されていたCal.1055にデイト表示機構を改良したCal.1055Bが搭載されています。

見つけたら即買!ロレックス エクスプローラー1&2の旧型おすすめモデル

まずはロレックス エクスプローラー1(EXⅠ)から『ブラックアウト』のご紹介です。時計好きの方なら知っている方も多いと思いますが、ブラックアウトのレアポイントは文字盤のインデックスで3・6・9の数字内に白いラインが入っていないものを『ブラックアウト』といいます。Ref.14270のブラックアウトはE品番とX品番の初期生産分のみ生産されておりタマ数もすくないレアなモデルです。続いては同じロレックス エクスプローラー1(EXⅠ)Ref.14270から『先端ドット』のご紹介です。上記画像を見て頂けるとわかるように、秒針の夜光ドットがやや外側によっているのが通称『先端ドット』とよばれる個体です。ロレックス エクスプローラー1(EXⅠ) Ref.14270 の他にサブマリーナRef.14060などにも見られるこの特徴は90年代前半(初期)に見られるもので、注意深く見ないとなかなか気づきませんが、希少性・将来性ともに十分なレアアイテムです。実際の販売価格に関しては今のところノーマルと比べても大きな差はありませんが、今後注目されていけば将来、価値のあるものとして評価されるかもしれません。それにしても、、、最初に気づいた人もすごいですね。笑

腕時計のよくある勘違い 防水性能表記の見方

時計の防水性能以上の使いかたをすると、内部に浸水し修理不可の事態に発展することもあるので注意が必要です。
今回は、時計に記載されている防水表記に関してご紹介していきます。30~50mと表記される範囲の防水性能を指します。
30mまでの潜水が可能というわけではなく、雨や汗程度が対応可能な範囲なので注意が必要です。100m防水表記。ライトなマリンスポート全般に対応可能。水泳など水圧が多くかかるシーンでは使用を控えた方が無難です。ダイビング・サーフィン・水泳などハードなマリンスポーツに対応可能な性能
防水性を高める為、ガラス・ケースに厚みがでています。プロ用のダイバーズウォッチです。オールジャンルのマリンスポーツに安心して使用可能な防水性能を持っています。

驚異的記録! 羽生結弦を3つのギネスへと導いたものとは。 愛用の赤いダイアルの時計ベーリング

ギネスワールドレコーズが22日、フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が持つ3つの記録が、ギネス世界記録に認定されたと発表した。対象になったのは「男子フィギュアスケート ショートプログラム(SP)における最高得点」、「男子フィギュアスケート フリースケーティング(フリー)における最高得点」、「男子フィギュアスケート トータルスコアにおける最高得点」の3つ。

 羽生のそれぞれの記録は、いずれも15年12月にスペイン・バルセロナで行われたグランプリファイナルでのもの。SPが110・95点、フリーが219・48点、トータルスコアは330・43点。

 今回認定された記録は、9月に発売予定の「『ギネス世界記録2017』日本語版」(角川アスキー総合研究所発行)に掲載される予定だ。

 羽生は「本当に嬉しく思う。ギネスというのは、常に更新し続けなければならない、更新するための情熱のもとのような認定だと思う。自分自身もこれからもどんどん、どんどん、進化していってさらに自分の記録に挑戦し続け、更新を目指していきたい」と喜びのコメントを残した。オリンピックの閉会式の安倍マリオのニュースに隠れてしまったが、
実はそれ以上に、いや比べものにならない程のニュースを目にしたのであった。

普段は、アベノミクスに文句を言ってるばかりの人間達はなぜ老人のマリオに注目したのか?
もっとも、時計怪獣では安倍首相が愛用していたスピマスではなく、
アンティークのCラインを着けていたと言う記事が早々アップされ
22日のトップ記事となっていた。僕は、大阪生まれの鹿児島と大阪のハーフだ。
ただ小学校に上がる頃から、福岡に移り住みほぼ生粋の博多っ子と化している。

少々短気で、江戸っ子ではないが喧嘩っ早くて見栄っ張りの女性好き。
それでいて情に脆く泣き上戸←男はつらいよの寅さんばり。
外で食するのは、焼き鳥とラーメンばかりのお酒好き人生。

そんな肉食を超え野獣男子な僕は、当然の如く草食男子の気持ちがわからない。
羽生氏も世間では話題になっているようだが、私とは無縁の世界で活動している。
僕の中では福岡出身のアイドル「氷川きよしさん」と同ジャンルな印象を受けている。

もちろん、フィギュアスケーターとして凄い記録を残しており優秀だと思うが、
彼の様な草食男子が好きな人がたくさんいるのがとても不思議である。
男子はワイルドがウリだろ!!

と考えている昔気質の僕。
そりゃ、僕みたいな男が今世でモテる筈もない。
(↑そもそも、既婚者だろ!おい!)以前に彼を目にしたのは、上の流血した画像のニュースであった。
煌びやかなほどの衣装を身に纏いながらも、衣装に散りばめられた朱よりも
より赤い血を流しながらも、演技に対するすさまじい執念の目をしている。

この時の彼は、決して草食系とは言えない程の気迫を見せつけている。
これが、オリンピック選手と云うものなのかとつくづく感じたのであった。そして22日のニュースで、世界が、ギネスが
彼の功績を称えるニュースが流れたのであった。

2015年12月スペイン・バルセロナで開催されたISUグランプリファイナルでの記録が、
男子フィギュアスケートにおける「ショートプログラムにおける最高得点」
「フリースケーティングにおける最高得点」
「トータルスコアにおける最高得点」の3つの世界記録に認定されたのであった。恐らく、日本人で100何人目ぐらいの記録であろうが
同時に3つも記録が認定されたのは、彼ぐらいではないだろうか?

大会の順位以外の実績で、世界に認められると云うことは
当人だけでなく、ファンにとっても相当喜ばしいニュースではなかったであろうか?

時計怪獣でも彼に関する記事がいくつかアップされていた事も記憶に新しい。太古より人々を魅了してやまない神秘的で、儚くも力強い氷の世界「北極」。
Polarisが燦然よ輝く最北の空。
「その光には女神が宿る」と言われ、バイキング達が「ノルリス」=「北の光」と呼び、
航海の道標としてきた光の乱舞オーロラ。BERINGのデザインは神々の地、
北極から多くのインスピレーションを受けています。羽生くんが、プライベートでベーリングを愛用していると聞いた。
ベーリングは北欧デンマークのブランドで、やはりデザインはミニマリズムに基づく
北極からインスピレーションを受けているデザインと言う事を彼が知っていたかは分からないが、
フィギュアスケーターとして選らんでいたのなら、凄く良いチョイスだと思われる。

僕は、北極と聞けばどうしても中本の北極ラーメンを想像してしまうしかし、彼のチョイスのカラーリング。
普段はANAのトレードカラーのブルーと、色白な彼のイメージとはかけ離れて
少し愛用している姿を想像しにくい。

【ロレックス】"新旧徹底比較"ヨットマスターⅡはどこが変わった?

ヨットマスターⅡが登場したのは2007年。本格的なヨットレースに対応したスポーツモデルとして発表されました。44mm径の大型ケースには、ヨットレースのためのレガッタクロノグラフ機構を備えた複雑ムーブメントCal.4161が搭載されております。また、リングコマンドベゼルと呼ばれるムーブメントに連動したベゼルが備えられています。ヨットマスターⅡの現在のバリエーションは4種類。ステンレスモデルの"Ref.116680"、ピンクゴールド×ステンレスの"Ref.116681"、ホワイトゴールドの"Ref.116689"、そしてイエローゴールドの"116688"の4種類です。ケース素材の種類は4種類ありますが、文字盤のカラーは"ホワイト"のみ!今後もホワイトのみでいくのでしょうか。【商品名】ヨットマスターⅡ
【型番】116680
【機械】自動巻き Cal.4161
【素材】ステンレススチール
【カラー】ホワイト
【ケースサイズ】44mm
【防水性】100m
【国内定価】1,922,400円(税込)
【備考】2017年発表(旧型は2013年発表)ステンレスモデルながら定価は200万円近くする高級時計です。やはり、外装パーツや機能にかなりコストをかけている分、他のステンレスモデルと比べて少し割高な印象です。過去にヨットマスターⅡの使い方について書きましたので良かったらこちらも併せてご覧ください。

CASIO SUBMARINER カシオ サブマリーナー MTD-1010 BLACKBAY&D-BLUE

今となっては2年前のコレクションからのご紹介。

僕の父が他界した時期のお話し
父は4年と云う長い闘病生活の末、其の努力もままならず残念ながら他界してしまいました。
正直、介護休暇も取り過ごした2ヶ月は僕の中で余り記憶が残っていない
それぐらい、身内の死とは壮絶なものなのである。
まして自分の親であれば…

当時の記録は、このカシオの時計記事を書いていたブログとは別のブログに
書き溜めて長きに渡り忘れない様、そっとおいてある

その時の介護生活の中、共に過ごした時計の中の1本。
これとは別に、父の思い出として絶対手放さないと決めた時計もあるのだけど
このカシオの時計は、2本とも現在手元には無い。

世間一般では、没後2年で3回忌を行うのだが
父は宗派の関係上、今年ではなく来年に3回忌にあたるものを行う。

全く、今年何もしない訳ではないのだけれど
ふと一昨年の記憶を辿るにあたり、その時の僕を支えてくれた時計の1本として
このカシオ サブマリーナーを紹介したいと思う。出会ったのは、リサイクルショップ。
カシオの時計の中古のくせに結構な値段するなぁと思ったのだけど
何故かブライトリングのストラップと尾錠がついており
それを考慮して購入海外でも、"CASIO SUBMARINER"の愛称で親しまれているMTD-1010
90年代初頭のモデルと思われるが、はっきりとしたソースは未だ発見出来ず

MTD-1010は、海外モデルで40nm径
国内モデルは、Refが違い38mm径でダイアルのデザインが少々違うらしい。元々、モデルはブレス仕様
あくまでもダイバールックなので、泳げるほどの防水性も無くねじ込み式リューズでも無い
ケースは、ステンレススティールでなくクロームメッキと云う安価な作り。

ブルーダイアルは、光沢のあるダイアル。
ベンツ針も雰囲気が良く、インデックスとカレンダーの窓も悪くない

何と言っても、1番質感が良いのはベゼルではなかろうか言わずもがな、駆動はクォーツ
ラインアップは確認が取れている分で3種類が存在する。
ブラックにとブルー、そしてホワイトダイアルにブラックのベゼルCASIO STANDARD と云うシリーズなので、
所謂今流行りのチプカシと云う類いと同じである純正のブレスが付属していなかったので、色々とストラップを試してみた。
セイコーのラバーストラップは、やはりチョイスミスで一度も使用する事はなかった

ロレックス~冬のボーナスでGMTマスターを買う~機能と新旧の違い解説

寒さが本格化してきたこの頃。冬のボーナスも近づいてきましたね。今回は腕時計をひいてはロレックスを検討している皆様へ向けての企画です。スポーツモデルの中でもサブマリーナと人気を二分するGMTマスターを詳しく見ていきましょう。上の画像はWG(ホワイトゴールド)製のルビー、サファイヤ、ダイヤがふんだんに使われた最上のラグジュアリーモデルのGMTです。

これは極端な1例ですがGMTの魅力はそのデザイン性だけではなく豊富なベゼルカラーも含めたバリエーションの豊かさだと言えるかもしれません。例のごとく現行のGMTマスターⅡとそのひとつ前のモデル、GMTマスターとの機能面での違いや使い方、その他GMTマスターの変遷の歴史に関しても案内していきたいと思います。ロレックス GMTマスターの歴史は古く1955年ごろに初出します。

当時の特徴としてはパン・アメリカン航空の依頼を受け開発したGMTマスターのファーストモデルということもあり、リューズガードがないケースやプラスチックベゼル、ミニ針(24時間針の先端に位置する三角形が小さいタイプ)、ミラーダイヤルを備えるというものです。元々国際線のパイロット向けに開発されたこともあり、GMT針の利用で複数の場所の時刻を把握することが出来る。という事がGMTマスターの最大の特徴でしょう。現代でもそのGMT針を使って国際的なビジネスマンはもちろん、デザインとしての利用で海外にいかない人でも気軽に使っていると思います笑さて画像を比べてもらうとすぐわかる通り、初代とセカンドモデルは大きな外見上の変更点があります。GMT針が見るからに大型化している点その他にも、リューズガードが装備されています。より実用的になり現行モデルに近づいてきた感じがしますね。サードモデルの16570になるとカレンダーのクイックチェンジ機構が搭載されます。

【完全保存版】オメガの長い型番の意味が知りたい人集まれー!「起」

上の画像はオメガの少し前の保証書です。
(※一般的な保証書であって全部これではない。色違いとかデザイン違いは存在します。)
Ref:20057500が型番です。最初の4桁が型番でその次の2桁が文字盤の色。
つまり「2005」が型番で、「75」が文字盤の色です。みなさんはこの型番でどんな時計か想像できますか?・・・多分できないと思います。
ネットでも1本しか出てこない品物。ちなみに物は、
シーマスター アクアテラのYG無垢シェル11P文字盤ダイヤ12Pベゼルです。なんでこんな珍しいのがあるかというと、珍しいから写真撮ってた。ってだけです。

残念ながら時計自体の画像は消してしまってたみたいでありません。

あ、最後の「00」は・・・分かる方是非教えてください。オメガの超代表モデル「スピードマスター」
Ref.3510-50旧型番の最初の4桁は型番
更に言うと最初の4桁の一番最初の数字は「ライン名」今回最初の数字は「3」なのでスピードマスターという事になります。
■1→コンステレーション
■2→シーマスター
■3→スピードマスター
■4→デ・ヴィル旧型番の下2桁は文字盤色
■20→白文字盤
■30→シルバー文字盤
■31→シルバー文字盤にインダイヤル黒
■50→黒文字盤
■51→黒文字盤にインダイヤルシルバー
■80→青文字盤

等。

ロレックス 旧シードゥエラー Ref.16600のあまり知られてない付属品達。【これで完品】

モデル名:シードゥエラー
型番:16600
ケースサイズ:40mm
素材:ステンレス×アルミベゼル
防水:1220Mほとんど他の5桁ロレックスと同じですが、
このシーデゥエラーにしかついてない付属品があるんです。

まず先に、共通の付属品のご紹介です。
下の記事に全て書いてあるので読んでみてください!クロノメーター通ってますというタグです。
通称「赤タグ」です。

この赤タグにも3パターン(20年前程度の期間で)有ります。
年代にあった赤タグが付いている方がベストです。上記の写真は、赤タグの中では一番最新のタグです。
中央のホログラムシール四角3つ横並びのやつです。

その前のホログラムですが、更にその前はホログラム付いてないので
その辺で見分けしてみてください。2004年辺りから新しい箱変更になっていくのでその辺から、
新しいタグになってたと思います。

※かっちり年代が分かっている訳ではないので、大体で大丈夫かと思います。
1990年頃のモデルに写真のタグが付いていたら変でしょ程度です。ちなみに最新のタグはこちらです。
緑色に変更。記載の年代に気を付けましょう。

2008年頃くらいまでカレンダーはあったみたいです。