【デイトナ】気になるロレックスのギモン~販売価格編~

時計に興味がなくても「ロレックス」というブランドを知らない人はいませんよね。
もしかしたら、最初にロレックスで思い浮かぶのは「ブレスレットまで全部キラキラの金無垢の腕時計で値も凄く高い」などが多いかも知れません。
確かに金無垢で高い時計も存在しますが、ロレックスの魅力はそこだけではありません!
各モデルで素材も様々、新型・旧型、同じモデルでも微妙にマイナーチェンジした時計などバリエーションに富んでいます。
その中でも「微妙なマイナーチェンジ」がロレックスを陰で支える「人気の秘密」でもあります。「僕のデイトナと君のデイトナ。バックルの形違くない?」
そうです。
ロレックスは突然、何の前触れもなくマイナーチェンジ(改善・改良・改修)を行います。
針が若干太くなっていたり、夜光塗料の種類が変わっていいたり、微妙に文字盤の書体が変わっていたり、
はたまた太くなっていたり、文字が1行なくなっていたり・・・・と書き出したらきりがありません。
これが、マニア心をくすぐるのです。
そして、これが時計ショップの販売金額(時計の価値)が大きく変わる要因でもあります。ロレックスと言ったら一番人気のモデルは「コスモグラフ・デイトナ」でしょう。
このモデルを通して販売価格の比較をしていきます。

旧型のデイトナ (型番Ref.16520)。
このモデル当時(1988-1999/2000)の定価は100万円を切ります。(58万円(税抜)→65万円(税抜)
しかし、現在の中古販売価格が200万を超える個体が続出しています。最終品番とは、新型が発売されて廃盤になってしまい、最後に生産された年の個体の事です。
ロレックスの本体にはシリアル番号の刻印(アルファベットと数字の組み合わせ)があります。
その最初にアルファベットがついており、これで大体の年代がわかるようになっています。
(ただしロレックスは公表していません。)

新型が発表された年が2000年。すでに生産は新型へシフト。
しかし、少数ながらも旧型も発売していましたが、絶対的に個体数が少ないので価格が跳ね上がりました。

現在(2016年2月)の中古相場で240万円以上。
(※付属品完品等の条件を満たした場合。)現在の販売価格は、焼け具合によって異なりますがいい焼けの個体だと200万円以上です

時計屋さんならどっちを買うの?腕時計の新品と中古。

その名の通りメーカーの正規販売店です。正規品なので、購入した人、つまりあなたの
名前が保証書に印字され正規店に購入履歴が残ります。保証もついているので、
購入後仮に故障も安心です。(大体のメーカーは購入日から2年間で、それ以降は有料)こちらもその名の通り中古の腕時計を販売しています。ただ、中古腕時計と聞いて勘違いしないで頂きたい。ぱっと思う中古のイメージは、何年も使用した腕時計を販売している、すぐ故障してしまう・・・などではないでしょうか。
そんなことはありません!
もちろん古い中古も実際にはありますが、新品で購入して数回使用しただけの中古もあれば、プレゼントで貰ったけど気に入らなくてそのまま手放した未使用のものもあります。

では本当のところ、どっちで買った方がいいの?理由は2つあります。1つ目は、購入費用が抑えられる点です。
正規品=定価なのでどうしても金額が大きくなってしまいます。
2つ目は、買い替えの時下取りに出した金額の差が少ない。

ここでギモンを抱いた方もいらっしゃるかと思います。「売らないでしょ。」
はい。ここで絶対的に売らない自信がある方は正規店で購入して頂く選択肢もありでしょう。その分の3です。しかしながら、高級時計を自分で買うと他人がどんな時計をしているか、
とても気になりだします。電車の中で他人の腕を見ると結構いい時計つけているサラリーマンいますよ。そうなってくると次はどうなるか。「被りたくない」や、違うのが欲しくなってきます。この記事を書いている本人もその口です。

じゃ、もう一本買えばいいじゃん。・・・すいません。その財力があれば、ぜひそちらの方がいいと思います。ただ、それができるのはやはり一握り。

欲しい時計が出てきたときどうするか。そこで出てくる選択肢が下取りです。
そうすることで、次欲しい時計の初期投資を最小限に抑えて購入できます。
正規店で購入すると売却時、定価の半分なんてざらです。もちろん中古販売店もしっかり保証もついてくるので安心です。(店舗やブランドによって期間は異なります)
さらには最初に購入したお店で売却すれば値段交渉もしやすいですね。

他人が使用した時計は使いたくない。金額なんてどうでもいいから最初は正規店で購入したい。そういった方には縁がないかもしれませんが、きれいな中古だったら特に気にならない!と、なれば断然中古品をオススメします。関東圏に住んでいるなら断然中野ブロードウェイ内の中古時計屋さんです。
■中野ブロードウェイ3階「ジャックロード」
品ぞろえが豊富で店内はとても高級感があります。■中野ブロードウェイ3階「オノマックス」
品数は少ないですが、買い取り価格、販売価格ともにいい値段。

新型ディープシー(Ref.126660)と旧型ディープシー(Ref.116660)を比較してみた!

こんにちは。

今日から8月。

夏もピークを迎えるところですが、今回は今年の新作のダイバーズウォッチ新型ディープシーRef.126660と生産終了となったRef.116660を比較していこうかと思います。最初の写真右が新型、左が旧型となるのですがパッと見にほとんど差は感じられません。

しかし、よーく見ると所々デザインや仕様が変わっているんです。

早速ですが仕様の違いを見比べてみましょう。新型旧型

これはかなりわかりやすいです。

新型の6時位置にはロレックスの王冠マークが入っています。

今後、登場するロレックスにはこの王冠マークが入っていくとの噂もちらほら聞きます。新型旧型

ベゼル内側部分の「ORIGINAL GAS ESCAPE VALVE RING LOCK SYSTEM」の書体が変わっています。

新型の方がすっきりした印象。

ロレックス スポーツモデルと主要ブランドのケースサイズを比較【完全保存版】

一般的な成人男性のサイズは15~18cmと言われています。少し前まではデカ時計ブームで、各メーカーも42mm以上の時計をどんどん出していましたが、ここ最近は少し収まり気味です。バーゼルなどの発表では40mm程度のものが再び登場するようになってきました。キングオブロレックスのデイトナ!2000年に自社ムーブを搭載し、名実ともにフラッグシップに。

誰もが憧れるこの形は大きさ、配置ともに完璧といっても過言ではありません。本当にカッコいいです。現行も旧型も変わらずケース径は40mmです。

着けてる人をよく見ますが、みんな違和感なく似合ってるんですよね~ロレックス エクスプローラーⅠ新型になり3mmアップして39mmになりました。

旧型の36mmは今では女性の人も着用してます。腕の細い男性にはちょうどよく着けることができます。逆に今小さめのスポーツモデルが少ないので貴重だと思います。

旧型のドレス系には結構ありますが・・・

2016SIHH(ジュネーヴサロン)で発表されたバロンブルーが、カーボンブラックを身に纏いなんとも妖艶なのだ

2016年 SIHHで発表されたカルティエの新作ですが、
やはり1番話題を掻っ攫って行ったのは、ドライブ ドゥ カルティエでしょうもちろん、雲上的なモデルは相変わらずの様に出ておりますが
僕の様な庶民には「へー、そーなんだねー」という感じで、5分後には忘れています。

毎年思うところですが、こんなの買う人いるのかな?という疑問がありますが
冷静に考えると、雲上的モデルが一本売れただけで
SSの50〜60万円の時計を何10本も売るよりよっぽど楽でしょうし
捨てるほどお金を持ってる人は、世の中にはいるでしょう
そういった方は、誰も持っていない存在感の時計を好まれるでしょうから
お互いのニーズが合致しているのでしょうねそんな、雲上な話はさて置き
庶民も気合い入れたら買えるシリーズなのですが
SSのドライブなどは、かなりヒットかなぁと思います。

最近のカルティエのモデルは、両極端で
あくまでも品のある徹底したドレス系か、
やや暴走感が否めないラグジュアリースポーツ。

所謂ロレックスのオイスターパーペチュアルにあたる様なモデルが
既存モデル以外にほとんど発表されません。

もしかしたら、
バリエーションを多く、本数を少なくし単価を上げ
客層を上げる方向性なのかもしれません
まあ、それをするには並行品の値崩れを抑えない限り
完璧には難しいと思えるところです庶民の僕にとっては、最近のモデルでは
ロンドのクロワジエールが、値ごろで好印象でありました。さてさて、貧乏人の妬み話しが長くなりましたが
今年のSIHH なかなか興味深いモデルが発表され
ぼちぼちデリバリーが始まっていますそのモデルが、この黒い御二方

サントスに関しては、以前よりラバーモデルもあり
違和感を感じないと言うか新鮮味がない。

逆に完全なドレスモデルと言っても過言ではないバロンブルーが
今回、オールブラックへと染められてしまった今回は、バロンブルーに特化して述べさせて頂きます。

近年、新作のリリースが些か多く感じるカルティエ
その中では、既存のモデルのリメイクなので
インパクトは薄いはずなのだが、一際強烈な印象を解き放つバロンブルー

誰が、企画の段階でバロンブルーを黒くしようと発案したのか
ブラックコーティングにより、スポーツ感が強くなるはずなのだが
ブラックカーボンのバロンブルーは妖艶な印象を受けるステンレススティールにオールブラックにコーティング施した
強靭なADLCと呼ばれるカーボン加工

その類い稀なるコーティング技術は、
一寸の狂いもない美しいバルーンと言うネーミングの由来のケースに
見事にコーティングされている。

深い漆黒のケースは、奥深い奥行きを持ち
このケースがコーティングによる事すら疑いを持つ。

漆黒のケースと相まって深い奥行きを持つダイアルには、視認性抜群なホワイトローマンが配されて
コントラストにより、その黒さをより引き立たせている

【30代男性】におすすめの高級腕時計5選

クロノグラフのスペシャリストであるブライトリングは航空界で採用されている時計メーカーです。

代表的なモデル「クロノマット」はデザインもコックピットを思わせる精密さがあり人気が高く、世界中の男性に支持され続けています。

クロノマットは常に進化を止めることなく新しい革新的モデルを生み出しています。​ハミルトンはアメリカのブランドでもともとは鉄道、軍事、航空用の時計メーカーです。
機能性、デザイン性共30代男性にふさわしい腕時計が多くラインナップされています。

中でもジャズマスターシリーズはビジネスシーンにぴったりの洗練されたデザインです。
「ジャズマスターオートクロノ」は重厚感のある大人の腕時計として人気です。​ 誰もが知っている高級腕時計メーカー、ロレックスはやはり格式高いブランドです。
30代の男性が持つなら高級スポーツ時計として名高い「ロレックスGMTマスターⅡ」が人気があります。
こちらはロレックス唯一のパイロットウォッチで最大3つのタイムゾーンを把握することができます。男性ならひとつは持っておきたい憧れのスイスの高級時計、オメガからは2016年の限定モデルがおすすめです。
この「スピードマスターCK2998」はヴィンテージモデルの復刻版でありながらも新世代のファンに向けたデザインです。

ディープブルーのレザーストラップには白いステッチが入り、若々しさがありながらも重厚感がありスーツにもよく合います。
世界限定2998本で発売は2016年8月ですのでお見逃しなく!1969年に世界初の角型防水ケースと世界初の自動巻クロノグラフを開発したタグ・ホイヤーの人気モデル「モナコ」は、40年を経てなお世界中で愛されています。

モータースポーツの計時を任されていたことから有名なサーキット名にちなんでモナコと名付けられたこのモデルはビジネスシーンでも映えるスタイリッシュな腕時計です。

ロンジンのマーケティング、アスリートと育成環境をサポートする

体操の世界チャンピオンでオリンピックでも7つのメダルを獲得している内村航平は、これまでもロンジン社から「エレガンスアワード」を3度受賞しています。このアンバサダー就任も彼のこれまでのロンジン社との繋がりやロンジンが持つイメージとヨーロッパでも認知されている『体操のスーパースター』である点が高く評価されたと思います。この新作ウォッチはこれまで同社が持つエレガンスさに内村航平が繰り出す力強く、エレガンスな『ウルトラC難度の技』をイメージさせるシンプルかつ屈強な外観のモデルでもあります。私もこのニュースは4月に入ってから知りました。

たまたまいつも愛用しているスポーツ雑誌のウェブサイトで知り驚きました。時計ブランドもここ数年アスリートをアンバサダーやイメージキャラクターに起用しています。
私の記事でも書いてきたタグホイヤー、オメガなどがアスリートを多く起用しています。

今回のロンジンもこの流れかなあ?と思ったら少し違いました。体操のスーパースターという点だけを表彰するのでな無く、ロンジンは自社の持つ哲学を体現している事を重視しています。彼の演技の技術力や芸術性はもちろんの事、内村航平の歩んできた道のりや人生哲学を含めて評価している証もあります。

トリチ焼け ブルガリ スクーバ SD38S が抜群な雰囲気☆ そして今、"ブルガリ ヴィンテージ "を考える

ちょっと、個人的に盛り上がっているブルガリの少し古い時計たち。

その中でも、やっぱりスポーツ系が気になるところ
今回は、今購入予定の最有力候補ディアゴノ スクーバ SD38Sに着目する。

ブルガリの時計にして、スポーツモデルが故に
ベゼルにブルガリのロゴが入らない。

クラッシックダイバーの意匠を踏襲しつつも、
ジュエラーブルガリとしてのエッセンスが随所に散りばめられている。僕は、ブルガリのブレスはどうも"骨"っぽく感じて得意ではない。
重い時計が苦手な点もあるけど、やはりラバーストラップが良い

ブルガリのラバーストラップは、改めて見直すと非常に上品な構造で
ブレスレットの様に、フレキシブルなパーツ構造である
それに、ラバーストラップ用にしては上品なバックルが装着されている実は、スクーバは初期のモデルから中期頃まではトリチウム夜光である
と言う事は、当然経年変化により変色が起こる
この飴色に変化したインデックスに僕は
ブルガリのヴィンテージとしての可能性を見出しているのだ。ブルガリ スクーバは、12時と6時のアラビアフォントはブルガリデザインのそれであるが
他のインデックスはヴィンテージダイバーに見られるドットである。
変色したドットのインデックスは、ロレックスサブマリーナーも彷彿させる歯車を型どった様なデザインのベゼルは、実用性がありながらも
非常スタイリッシュに収まっている

楔形と、変形アロー形のハンズはスポーツモデルの力強さもありながら
全体の印象を崩す事なくバランスが取れているトリチウム夜光のモデルは、ダイアルの6時位置に "SWISS MADE" の表記が入る
ロレックスの等の様に "T" 表記が入る訳では無い。

逆に、後にルミノバになったモデルは
"SWISS MADE" 表記の両サイドに、"S" と入る
これは、スーパールミノバの頭文字かどうなのかの
はっきりとしたソースは得られなかった。一応、ダイバーズウォッチと言うカテゴリーだが
デザイン的にもダイバーズウォッチとしての使用にはやや不安が残る。

どちらかと言うとビーチなどでの、ヴァケーション用と言ったところか
ケースの厚みも然り、リューズの頑強性、バックルの構造
全てが本格的ダイビングには向かない

逆にステンレスモデルにして、既にこの頃よりヨットマスターに値する
ラグジュアリースポーツをブルガリは完成させていたのだ

SIHH2017 オーデマピゲからロイヤルオークの新作がたくさん出た!

ロイヤルオーク・シリーズだけでも結構な新作がリリースされた、今年のSIHH。

なかでもこのパンダフェイスのクロノグラフに人気が集中するのではないでしょうか?

26331ST.OO.1220ST.03
ケース幅41mm
ケースの厚さ11mm
防水性50m
自動巻キャリバー2385
パワーリザーブ40時間
2,592,000円ステンレスの2トーンダイヤルはこの3種類。これが気になりますね。
チタンケース、プラチナベゼル。

チタンケース、反射防止加工サファイヤクリスタルガラス製風防、ポリッシングが施された950プラチナ製ベゼルとリンク、ネジ込み式リューズ18金ピンクゴールドケースは2種

18Kピンクゴールドケース、反射防止加工サファイヤクリスタルガラス製風防、ネジ込み式リューズピンクゴールドにアリゲーターストラップ仕様も2種類出ています。

ダイヤルに合わせたカラーリングがオシャレですね。

ロイヤル オーク クロノグラフは2017年の今年、1997年に最初のモデルが発表されたロイヤル オーク・クロノグラフは20年目を迎えました。

ロレックス 歴代デイトナ一挙紹介~ざっと振り返るならおすすめ

まだデイトナと呼ばれる前のモデルです。
手巻のクロノグラフでムーブメントはバルジュー製ベースの72系です。
見た目の特徴はなんと言ってもタキメーターのメモリがベゼルではなく文字盤の外周にあることでしょうか。
写真はシルバーですが黒文字も少量生産されていたらしいです。手巻のノンオイスターと呼ばれるモデルです。
クロノグラフのプッシュボタンがスクリューダウン式で無いのが名前の由来です。
この頃からコスモグラフデイトナとなりました。
黒いプラベゼルになると型番が6241になります。
文字盤にDAYTONA表記がないのは初期生産に多いとか。こちらもノンオイスターモデルですが、キャリバーが727に切り替わっています。
次にオイスターモデルが出るため短命のモデルです。
ベゼルがプラベゼルになると6264となります。この時からプッシュボタンがねじ込み式のスクリューダウンになっています。
だからオイスターモデル。
文字盤のROLEXの下にもOYSTERの文字が入るようになっています。
プラベゼルは6263。まず今までとは見た目も全く変わってしまいフルモデルチェンジといった感じです。
ムーブメントもゼニス社から供給のエルプリメロベースの4030へ変更になり手巻から自動巻きになりました。
文字盤は黒と白の2色で、プラ風防ベゼルは無くなりました。