アジア杯、日本代表選手たちの腕時計事情はHUBLOTが多い

前回の記事で書いた、長谷部選手のロレックススーパーコピー好きは僕にとって少し意外でした。さて2019年1月AFCアジアカップの決勝トーナメント真っ只中。今回は売出し中の堂安律選手、大迫選手、吉田麻也、乾選手などにスポットを当てて書いてみます。しかしほとんどがオフィシャルブランドのHUBLOTでした。このニュース、私は気がつきませんでした。HUBLOTのInstagramを見逃していましたね。堂安律選手は兵庫県出身、個人的にはU-20ワールドカップの予選最終戦のイタリア戦でのドリブルゴールが忘れられません。昨年の12月にHUBLOTとどのような契約かは不明ですが、おそらくアンバサダーでは無いかと推測できます。
いずれにしても20歳という若さ、それとオランダでの活躍が日本以上に「若きホープ」として高く評価されている証です。CEOリッカルド・グアダルーペと公式Instagramに出ること自体凄いですね。ブレーメンという、日本人に縁がある(奥寺康彦氏がかつて所属)クラブに加入したこと、またブンデスの中でも上位クラブに移籍ということで単純に「凄い」、と思いました。現在アジアカップに参戦中のため2019年1月29日時点で、リーグ戦は14試合出場の3得点の成績です。この成績を現時点で判断するのは難しいです。しかし僕はアジア杯の中断がある中、14試合中先発が11試合という成績を残していることはクラブ、監督から共に信頼され、戦力とみなされいてる証と考えられます。FWというポジションは成績が下降した場合、真っ先に槍玉にあがるポジション、また入れ替わりも多く、ヨーロッパでも比較的フィジカルが求めれらるリーグの複数のクラブで、これだけ長期間レギュラーで居られることは凄いことです。多分日本代表のオフィシャルウォッチのビッグバン・ブルー ヴィクトリーと思われます。大迫選手は他の代表選手と違い、あまり自分の情報をほとんど発信しません。
黙ってゴールを決める、ストライカーです。高校時代の今や、あまりにも有名なセリフ、「大迫半端ない」という頃から見てました。高校時代はどちらかと言えば、テクニシャンでした。しかしドイツ行ってから、明らかにフィジカルが向上しました。ドイツ人相手にぶつかりに強くなり、高校時代からのテクニックでゴールをコンスタントにあげていることは理解できます。

世界最古の腕時計メーカーはどっち?

ウィキペディアによりますと、『ブランパンスーパーコピー』と『ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー』共に世界最古の時計ブランドと書かれています。これはなぜなのか、その真実を調べてみます。上の写真はブランパンスーパーコピーの創始者であるジャン・ジャック・ブランパンスーパーコピーです。公式HPには1735年には『世界最古の時計ブランドになります』と書かれています。こちらはヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー創業者、ジャン=マルク・ヴァシュロンです。公式HPでは1755年創業、『この雇用契約書をヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの出生証明書とみなすことができ、こうして創業以来一度も系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。』となっています。公式HPの文面を見る限り、「一度も第三者に〜」という文面はブランパンスーパーコピーを意識しているのではないでしょうか?
過去に「世界最古」のフレーズの使用で他社と論争になった事があるかも調べてみました。これまでブランパンスーパーコピーとヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの2社間で世界最古」のフレーズを巡り裁判や訴訟になった事はありません。しかしネットで、Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)という時計ブランドと過去に法廷で争った事があるそうです。Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)が世界最古というフレーズを使わないようにヴァシュロン社を訴えました。そのことに関して、ある時計ショップの店長さんが書いた、ブログでその「世界最古に関する記事」が書かれています。
その記事では1980年代にPhilippe Du Bois &Fils社がヴァシュロンに対して、世界最古の称号を使わない裁判を起こしたとされています。結果、ヴァシュロン社は裁判所から「世界最古」という肩書きを使う事を許されたされています。
しかし、なぜ裁判所はヴァシュロン社に「世界最古」の時計ブランドという肩書きを許したのでしょう?恐らく裁判所が重視したのは証明書の有無を重要したからでしょう。
ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーが1755年にジュネーブ市に残した「雇用契約書」はヴァシュロン社も重視している事がHPから感じます。

世界最古の腕時計メーカーはどっち?

ウィキペディアによりますと、『ブランパンスーパーコピー』と『ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー』共に世界最古の時計ブランドと書かれています。これはなぜなのか、その真実を調べてみます。上の写真はブランパンスーパーコピーの創始者であるジャン・ジャック・ブランパンスーパーコピーです。公式HPには1735年には『世界最古の時計ブランドになります』と書かれています。こちらはヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー創業者、ジャン=マルク・ヴァシュロンです。公式HPでは1755年創業、『この雇用契約書をヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの出生証明書とみなすことができ、こうして創業以来一度も系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。』となっています。公式HPの文面を見る限り、「一度も第三者に〜」という文面はブランパンスーパーコピーを意識しているのではないでしょうか?
過去に「世界最古」のフレーズの使用で他社と論争になった事があるかも調べてみました。これまでブランパンスーパーコピーとヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの2社間で世界最古」のフレーズを巡り裁判や訴訟になった事はありません。しかしネットで、Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)という時計ブランドと過去に法廷で争った事があるそうです。Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)が世界最古というフレーズを使わないようにヴァシュロン社を訴えました。そのことに関して、ある時計ショップの店長さんが書いた、ブログでその「世界最古に関する記事」が書かれています。
その記事では1980年代にPhilippe Du Bois &Fils社がヴァシュロンに対して、世界最古の称号を使わない裁判を起こしたとされています。結果、ヴァシュロン社は裁判所から「世界最古」という肩書きを使う事を許されたされています。
しかし、なぜ裁判所はヴァシュロン社に「世界最古」の時計ブランドという肩書きを許したのでしょう?恐らく裁判所が重視したのは証明書の有無を重要したからでしょう。
ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーが1755年にジュネーブ市に残した「雇用契約書」はヴァシュロン社も重視している事がHPから感じます。